文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫)

3.98
  • (1746)
  • (1091)
  • (1741)
  • (45)
  • (8)
本棚登録 : 9557
レビュー : 1036
著者 :
くるたんさん  未設定  読み終わった 

1000ページ超えの分厚さに怯んだけれど、満たされない、何をやっても何かが欠けている気持ち、どこか永遠を求める気持ち、これが自分の心の琴線に触れたのか、この作品という匣の中に入りこみ、言葉や世界の心地良さに隙間を囲まれ、ずっと出たくないようなそんな時間を味わった。


どこか物哀しさを感じずにはいられない心の解放とも言える憑物落としは圧巻。息が詰まるほど魅了された。もう少しだけこの世界にこの匣に浸っていたい、そんな余韻がたまらない。

レビュー投稿日
2019年5月7日
読了日
2019年5月7日
本棚登録日
2019年5月7日
13
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

けいたんさん (2019年5月8日)

こんばんび〜(^-^)/

京極さんのこの分厚さはなんなんだろうね(笑)
面白そうだけど、手が出ないわ(^_^;)
ろこちゃんで何日くらいかかるのかしら?
映画で2作ほど見たけど、きっと小説の面白さは表せてないんじゃないかと思うんだよね。

くるたんさん (2019年5月8日)

このシリーズ、20代の頃挫折したんよー。

最近やっと興味が出てきた♪
これは4日はかかったかなぁ。持ち歩けないしね。
分冊版も出てるからそっちのが読みやすいのかなぁ。
しかもまだこれ以上の分厚い巻があるよー。

私はやっぱり映像だとついていくのが大変で、じっくり世界を味わえる 本の方を先に読みたい派だわ(*≧∀≦)ゞ

って言っても 姑獲鳥の夏しか観てないや(*≧∀≦)ゞ

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする