ゆりかごに聞く

3.40
  • (4)
  • (14)
  • (21)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 180
レビュー : 15
くるたんさん  未設定  読み終わった 

ミステリという名の、母性、哀しみ、やるせなさが絡み合う物語。
世の中産んだ瞬間に当たり前のように強制される、持たなければいけない母性の重圧に苦しむ人だっている。
完璧な母性なんてない。
毎日手探りでいい、必死でいい、一緒に過ごすそれが一番大切。泣いて笑って怒って、自分を責めたっていいじゃない。毎日ちょっとずつ芽生えていく母性があったっていいじゃない。
終わりなんかない、一生子を想う、それが母性だと思う。それを最初から放棄する、知ろうともしない親、途中放棄する親がいるという悲しい現実。
涙と共に怒り、哀しみ、やるせなさがいつまでも心にとぐろを巻いて渦巻く。
重い読書時間だった。

レビュー投稿日
2019年6月27日
読了日
2019年6月27日
本棚登録日
2019年6月27日
13
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ゆりかごに聞く』のレビューをもっとみる

『ゆりかごに聞く』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする