凜として弓を引く (講談社文庫 あ 149-1)

著者 :
  • 講談社 (2021年10月15日発売)
3.60
  • (34)
  • (81)
  • (89)
  • (13)
  • (2)
本棚登録 : 965
感想 : 79
5

凛として弓を引くシリーズ1作目《文庫本》
2021.10発行。字の大きさは…字が小さくて読めない大きさ。
2023.09.03~04読了。★★★★★
図書館から借りてくる2023.09.03

これはいい
弓道を通して日本古来の考え方に接する高校生の青春小説です。

名古屋から引っ越してきたばかりの都立武蔵野西高校一年生の矢口楓は、近所の神社にある弓道場で、一心に弓を射る同じ年頃の姿のいい高校生を見て胸をときめかせる。そして、弓道場で開かれている六日間の体験教室を経て弓道場に入門する。

友達も出来ず、孤独感を味わっていた楓は、弓道場でみんなに支えられ、しだいに溶け込んでいく様子が爽やかで、古武道の厳しさと相まってとてもよかったです。
碧野(あおの)圭さんの本は、初めて読みます。

【読後】
字が小さくて読むのに苦労しましたが、読後感がよく、凛とした気持ちが伝わってきます。この本を手に取ったのは、みなさんの本の表紙を見て、すぐに図書館に行って借りてきました。図書館で手に取ったらすごく字が小さくて、借りるのを止めようとしたのですが、少し読んだら面白そうで借りてきました。
~~~~~~~~~~~~~~~~
凛として弓を引くシリーズ一覧
02.青雲篇
01.凛として弓を引く 2023.09.04読了
~~~~~~~~~~~~~~~~

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: その他
感想投稿日 : 2023年9月4日
読了日 : 2023年9月4日
本棚登録日 : 2023年9月3日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする