ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)

3.87
  • (1069)
  • (2288)
  • (1485)
  • (99)
  • (14)
本棚登録 : 12685
レビュー : 1483
著者 :
kwosaさん ミステリ(国内)   読み終わった 

今期楽しみにしているドラマに、日本テレビの『泣くな、はらちゃん』がある。
越前さん(麻生久美子)が、日々のうっぷんを晴らすために日記代わりに書いている漫画から、主人公の「はらちゃん」(長瀬智也)が飛び出してくるという話。次第に殺伐としてゆく世界(=漫画)を平和にするためには神様(=越前さん)に幸せになってもらうしかないと奮闘する「はらちゃん」
光石研や白石加代子などの実力派が脇を固め、脚本が『ちゅらさん』や『最後から二番目の恋』の岡田惠和なので、コメディタッチのあり得ない展開にも、心の機微や人生の真理がさらりと織り込まれ面白い。

日テレは昔から、設定は荒唐無稽だけど味わい深いドラマを作るのがうまい。
いまだDVD化されていないが好きだったドラマ『俺はご先祖さま』
石坂浩二演じる未婚の新聞記者宅に、銀色の全身タイツで時間警察に追われながら未来からやってきたマリアン演じる子孫のミミ。子供はすべて試験管で製造される未来。絶滅した「愛」というものを一度みてみたいという。コミカルな中にも結構深いテーマがあったような気がする。いまならば大泉洋とローラでリメイクするのも面白いかもしれない。

現実の事件をなぞるばかりが「リアル」ではない。
作り物の世界の中に心情的な「リアル」が垣間見える時、おもわず感動したりもする。
SFやミステリを始めとするエンタテインメントの魅力はそこにある。
タイムトラベルものの傑作と言われる『たんぽぽ娘』
きっと面白いんだろうなぁ。読んでみたい。

『ビブリア古書堂の事件手帖3』は本を巡る家族のはなし。

若いころの妻から現在の自分へ。
子供のころの「あたし」から未来の子供へ。
本を愛する旧世代から、本を愛する次世代へ。

タイムマシンはまだ発明されていないけど、古書は人の気持ちを乗せて時空を自由自在に駆け巡る。

本好きで控えめな美人で細身で巨乳の古書店主なんているわけないけど、だからこそ心動かされる物語もある。

(なんだか『泣くな、はらちゃん』のレビューみたいになってしまった。そして『俺はご先祖さま』が1月末にまさかのDVD化!)

レビュー投稿日
2013年1月22日
読了日
2013年1月18日
本棚登録日
2013年1月18日
11
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと...』のレビューをもっとみる

『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)』のレビューへのコメント

まろんさん (2013年1月23日)

kwosaさん、こんにちは!

私も岡田惠和さんの脚本、大好きなのです♪
『イグアナの娘』、『アンティーク~西洋骨董洋菓子店~』、『最後から二番目の恋』などなど
忘れられない作品ばかりで、今回の『泣くな、はらちゃん』も張り切って観ました!
贅沢な脇役陣に、長瀬くん演じるはらちゃんの
喜怒哀楽ゲージが振りきれるようなおおらかさ♪
素敵なドラマになりそうですね。

あ、ビブリア3のレビューへのコメントなのでした!
この作品の中でとても印象的な登場をする『たんぽぽ娘』、
kwosaさんならきっと好きになってくださるに違いない、すばらしい物語です。
2巻まで、あんまりいい印象のなかった栞子さんのお母さんでしたが
この本に纏わるエピソードで、好感度が一気に上がってしまいました(笑)

kwosaさん (2013年1月23日)

まろんさん!
コメントありがとうございます。

岡田惠和さんの脚本、大好きなんです。
まさかお仲間がいるとは。
そういえば『アンティーク』もそうでしたね。

おっと『ビブリア3』の話。
『たんぽぽ娘』お読みになったんですね。うらやましい限りです。
Amazonの中古価格に畏れおののき、指をくわえて遠くから眺めるばかりです。
聞けば、河出書房の『奇想コレクション』から刊行予定があるそうじゃないですか。
いまのタイミングで出せば売れると思うんですけど......早くしてくださーい。
とりあえず叫んでみました。

まろんさん (2013年1月24日)

まあ、なんと!
『たんぽぽ娘』、刊行予定があるのですか?!
若かりし頃に読んだきりなので
刊行されるなら、ぜひ買いたいです!
河出書房さ~ん、今出さなくてどうするの~?!
チャンスチャンス!
私も真似して叫んでみました♪

円軌道の外さん (2013年1月28日)


『泣くな、はらちゃん』は
我が心の女優No.3の
麻生さんが
久々にテレビドラマに出るという噂だけで
舞い上がって録画したんやけど(笑)、

kwosaさんが絶賛するなら
録っといて良かったぁぁ(笑)(*^o^*)
(実はまだ観てないのです汗)


しかも大好きな光石さんや
岡田惠和さんが脚本書いてたなんて驚愕の事実に、
嬉し過ぎて
今イヤッホーっと
小躍りしてます(笑)♪


『俺はご先祖さま』内容忘れかけてたけど、
マリアン好きやったんで(笑)
観てました観てました!

大泉洋とローラいいっスよね〜(笑)

もしくは
トリンドルなんちゃらっていう子(笑)
(名前ど忘れしました)


比較的最近の日テレドラマなら
やっぱ「Q10」か
「野ブタをプロデュース。」かなぁ〜(笑)

どちらもアイドルを主役に置いて
コミカルで軽いドラマに見られがちやけど、
描いてるテーマは
深かったですよね。


てか、自分も
ドラマの感想になってしまってすいません!(>_<)

この巻まだ読んでないんで(汗)
そろそろまとめ買いしなきゃなぁ〜☆


あとビブリアドラマ版自分も見たけど、
栞子と五浦のキャストは
「う〜ん…」やけど(笑)

ドラマ自体は丁寧に作られてて
普通に面白かったです♪

巷でボロカスに叩かれるような
駄作ではなかったけどなぁ(笑)


kwosaさん (2013年2月2日)

円軌道の外さん

そうです。
『泣くな、はらちゃん』のヒロインは麻生久美子さんなんです。
そして円軌道の外さんの心の女優No.1 No.2がとっても気になります。

そういえば『Q10』も気になっていたんですよね。観逃したけど。

ビブリアドラマ版、だんだん面白くなってきましたよ。いつの間にかハマってしまいました。

なんだかドラマの感想ばかりになってしまいましたが『ビブリア古書堂の事件手帖4』も2月末に発売されるみたいですし、これを機に一気読みしてみてはいかがでしょうか。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)』にkwosaさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

三上延の作品一覧

三上延の作品ランキング・新刊情報

ツイートする