谷崎潤一郎犯罪小説集 (集英社文庫)

3.84
  • (63)
  • (115)
  • (85)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 1116
レビュー : 108
著者 :
制作 : くまおり 純 
kwosaさん ミステリ(国内)   読み終わった 

甘美な悪夢を観ているような、狐に、いや狸親爺に化かされているような『犯罪小説集』

卓越した文章で触覚その他、人間のあらゆる感覚に訴えかけてくる『柳湯の事件』など全四編どれも圧巻。

解説によれば、ある一編のある趣向はミステリ史的にみても世界に先駆けた試みをしているそうで、その事実に驚き。

個人的には『柳湯の事件』と『白昼鬼語(はくちゅうきご)』がお気に入り。悪の魅力に取り憑かれそうである。

坂口安吾をはじめ意外に文豪はミステリがお好きな様で、文豪が書いたミステリは他にもまだまだあるらしい。是非読んでみたい。

レビュー投稿日
2012年8月28日
読了日
2012年7月22日
本棚登録日
2012年7月22日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『谷崎潤一郎犯罪小説集 (集英社文庫)』のレビューをもっとみる

『谷崎潤一郎犯罪小説集 (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『谷崎潤一郎犯罪小説集 (集英社文庫)』にkwosaさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする