リヴィエラを撃て(上) (新潮文庫)

3.74
  • (247)
  • (217)
  • (403)
  • (25)
  • (9)
本棚登録 : 1936
レビュー : 165
著者 :
ワサキさん ハードボイルド   読み終わった 

僕が思う高村薫の最高傑作。なんと言っても骨太のストーリーと登場する人物の繊細かつ詳細な描写がすばらしい。ジャック・モーガン、ノーマン・シンクレア、キム・バーキン。会った事ないのに、会った事があるような親密さを覚えてしまう。この本読んだあと、千鳥ヶ淵に行った時はホント感慨深かった。同じ本を読まない主義だけど、この本は4回くらい読んだな。
ベルファスト行きたくなりました。不謹慎ながらジャックのようなテロリストにあこがれてしまいました。

レビュー投稿日
2008年3月17日
読了日
2008年3月17日
本棚登録日
2008年3月17日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『リヴィエラを撃て(上) (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『リヴィエラを撃て(上) (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする