ショック・ドクトリン〈上〉――惨事便乗型資本主義の正体を暴く

4.16
  • (55)
  • (38)
  • (16)
  • (4)
  • (4)
本棚登録 : 634
レビュー : 57
制作 : 幾島 幸子  村上 由見子 
kwtmsさん  未設定  読み終わった 

民営化や規制撤廃は経済活力を伸ばす金科玉条だとおもっていが新自由主義というイデオロギーのもと混沌の中で一部に富が集中するというのならそれは経済システムの正しい進化形ではない。むしろケインズの唱えた開発主義のほうが弱者保護のもとより知性化された形なのではないか。
そしていま日本はまさに惨事のただ中にある。帝国主義の後継なのだろうか貪欲な資本主義の嫡子に蹂躙されないこと・政治が護国のもとに進められることを切に願う。

レビュー投稿日
2012年4月11日
読了日
2012年4月11日
本棚登録日
2012年3月31日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ショック・ドクトリン〈上〉――惨事便乗型...』のレビューをもっとみる

『ショック・ドクトリン〈上〉――惨事便乗型資本主義の正体を暴く』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ショック・ドクトリン〈上〉――惨事便乗型資本主義の正体を暴く』にkwtmsさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする