中学生からの哲学「超」入門―自分の意志を持つということ (ちくまプリマー新書)

3.85
  • (29)
  • (55)
  • (34)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 489
レビュー : 53
著者 :
kyan88さん 哲学・思想   読み終わった 

中学生が理解できる哲学の本だと思って読み始めたが時間がかかったぁ(汗)
現代社会においては、自由すぎて何が「自由」なのか、豊すぎてどこに生きる意味があるのかも、うまくみえない。その環境で「自分の意思をもつこと」ことが、現代社会に生きる私たちにとっての最大のテーマなのだと。

レビュー投稿日
2018年10月12日
読了日
2017年7月28日
本棚登録日
2018年10月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『中学生からの哲学「超」入門―自分の意志を...』のレビューをもっとみる

『中学生からの哲学「超」入門―自分の意志を持つということ (ちくまプリマー新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『中学生からの哲学「超」入門―自分の意志を持つということ (ちくまプリマー新書)』にkyan88さんがつけたタグ

ツイートする