パノラマニア十蘭 (河出文庫)

3.94
  • (5)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 98
レビュー : 9
著者 :
きょんさん 幻想・ゴシック   読み終わった 

十蘭の北方史への愛着を感じる漂流もの2編の描写が実に痛ましい。舵も帆も失って数年間も流され続ける船の上で、飢え、絶望し、心身共に蝕まれていく人々。東北の大飢饉の中、新天地を求めてなお夢破れた人々。悲しくはあるけれど、精一杯生きようとした人々の夢のあとがじわっと胸にしみる。

レビュー投稿日
2012年10月15日
読了日
2012年10月13日
本棚登録日
2012年8月1日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『パノラマニア十蘭 (河出文庫)』のレビューをもっとみる

『パノラマニア十蘭 (河出文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする