午後の曳航 (新潮文庫)

3.69
  • (153)
  • (159)
  • (302)
  • (19)
  • (4)
本棚登録 : 1555
レビュー : 175
著者 :
kzmharaさん  未設定  読み終わった 

酒鬼薔薇聖斗の出現を予言した!やっぱり三島は凄い!!という意見もあるようだが、それはそれで置いておいて良い事象だとは思う。頭でっかちで美学を持った少年達の持つ、純粋で歪んだ「大人」という概念と、彼らの繊細で残酷な心を上手く表現した、危うい一作という印象だ。

芥川の『羅生門』よろしく、本来の結末はもう数ページ存在していたらしいが、あそこで終わらせるのが正解だろう。『ライチ光クラブ』が好きな人にお勧めしたい。

レビュー投稿日
2017年8月29日
読了日
2017年8月27日
本棚登録日
2017年8月29日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『午後の曳航 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『午後の曳航 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『午後の曳航 (新潮文庫)』にkzmharaさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする