拳に聞け! (双葉文庫)

3.62
  • (4)
  • (1)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 9
著者 :
Kazuko Ohtaさん 既読(2018年)   読み終わった 

サイン本に釣られて購入しただけなのに。ツボでした。

芸人の話もボクシングの話も今やあちこちに転がっていて、ちっとも珍しくはありません。冒頭では『火花』や『笑う招き猫』を思い出し、二人組の便利屋が登場すると『まほろ駅前多田便利軒』、そしてその後は当然『ボックス!』を思い出す。下町の雰囲気に『泣いたらアカンで通天閣』が頭をよぎり、ところどころ『戸村飯店 青春100連発』まで連想する。それなのに、寄せ集め感はゼロ。ちょっとそこいらにはおらんぐらい素直な少年の夢に大人が乗っかりまくって、みんなが再び夢を追いかける。読み終えたときには彼らと一緒に3年間を過ごした気持ちに。

読み手を置いてけぼりにしない熱さがありました。どストライク。あくまで私にとっては、ですけれど。

レビュー投稿日
2018年7月30日
読了日
2018年7月30日
本棚登録日
2018年7月30日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『拳に聞け! (双葉文庫)』のレビューをもっとみる

いいね!してくれた人

ツイートする