i(アイ)

3.64
  • (185)
  • (344)
  • (341)
  • (74)
  • (13)
本棚登録 : 3226
レビュー : 364
著者 :
zu-yan.kさん  未設定  読み終わった 

「この世界にアイは存在しません」
冒頭の一文から始まるこの本にすっかり飲まれ、一気読みしてしまった

シリアに生まれ、日本人の母とアメリカ人の父に養子に貰われたアイ
シリアに生まれたのに、恵まれた環境で育ち恵まれた家庭に選ばれた自分の存在がいつもどこか否定的に捉えてしまう

しかしレズビアンであるも、自分をしっかりと持つミナとの出会いや、東日本大震災での被災、またデモで出会った伴侶との出会いの中で、自分の存在意義を見出していく

大きな災害や内乱、戦争など時事問題を織り交ぜて主人公であるアイが落ち込んだり、深く考える場面が多く出てくるため、すごく当事者意識の持てる本だった

自分が恵まれた環境におり、本当の苦しみを味わったことがなくても、その人のくるしみを想像するだけでも意味のあること

内面的でとても繊細な本だと感じた

レビュー投稿日
2018年7月1日
読了日
2018年7月1日
本棚登録日
2018年7月1日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『i(アイ)』のレビューをもっとみる

『i(アイ)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする