ピアニストが見たピアニスト

3.47
  • (2)
  • (8)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 47
レビュー : 4
labo novoさん 音楽   読み終わった 

 あのリヒテルに限らず、絶対音感をほこるどれほど偉大なピアニストでも、晩年になると音が1音上か下に聞こえてしまうという話は、生涯を音楽に捧げてきた人たちに見舞われた聴覚障害であるだけに、これ以上はないというほどの残酷で哀しい運命であろう。
 本書は神のごとき偉大なピアニストたちのまことに人間くさい物語である。

レビュー投稿日
2014年3月27日
読了日
-
本棚登録日
2014年3月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ピアニストが見たピアニスト』のレビューをもっとみる

『ピアニストが見たピアニスト』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする