折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ 5036)

4.09
  • (28)
  • (30)
  • (17)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 373
レビュー : 42
著者 :
制作 : ケン リュウ  牧野 千穂  中原 尚哉  大谷 真弓  鳴庭 真人  古沢 嘉通 
mizuiroさん SF・小説   いま読んでる 

郝景芳「見えない惑星」
「あなたが見てきて魅力的だった惑星の話を聞かせて」という会話ではじまる、この短編がよかった。

南半球と北半球とで大きく標高が違い、惑星一周を赤道にそって急傾斜の崖が走りそこに市街地が形成された惑星ピマチェー。
時間系が異なりお互いを知らないのけれど影響しあっている、二つの種族が住む惑星アミヤチ。
惑星のどの形態にも知的で風変わりなエピソードが込められていて、そこに住む生き物たちの関係性は幻想的。
幾つもの惑星間放浪をしたものには行き着いてみえてしまう、惑星の孤独なすがたがあり、2人の会話が効果的に挟まれてた。
次の表現が好きだった。
「建物のあいだの空間を埋める隠喩のように、解読不能の言語が断片的に残されていた。..
「僕が話した惑星は宇宙のあちこちに散らばっているけど、ときどき一ヶ所に集まる。..
いまは君も僕も語り手であり、また聞き手なんだ。」

ほかの短編も読んでみたい。

レビュー投稿日
2019年6月4日
本棚登録日
2019年5月17日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー...』のレビューをもっとみる

『折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ 5036)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする