脱資本主義宣言―グローバル経済が蝕む暮らし

3.76
  • (11)
  • (16)
  • (9)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 178
レビュー : 21
著者 :
lacuoさん 社会   読み終わった 

オレは鶴見済(ワタルさん)が大好きで、特に『檻の中のダンス』の頃は、オレもあちこちのレイヴで踊ってたし、反原発デモでも、たぶん同じように盛り上がってた。
だから、同じ時代に同じ場所にいる人、というカンジがする。

特に『檻の中のダンス』は本の表紙もデザイン良くて、六本木の本屋でジャケ買いした。ワタルさんのサイン入りだったし。

そんな、鶴見済が、まさか、こーゆー本を書くようになるとは・・・予測できなかった。しばらく、消えてたし。おクスリのやり過ぎで体調悪いのかなあって心配してた。でも、帰ってきてくれた。

オレの、政治的ツイートのアカウントでは、フォローまでしていただいて感謝。ワタルさんから返信してもらったし、彼のツイートには注目してる。
オレはナイキが好きだから、ナイキ批判はなかなか理解できないけれど。

でも今、日本では、時計が逆向きに回り、独裁政権の時代に逆戻りして、心底ウンザリしてる。
選挙のときに、有権者が選ぶことができない、見せかけの選挙の時代に逆行して、もう絶望した。

だから、オルタナティヴ(代替案、代替手段、習慣にとらわれない、非体制の、1990年代のカウンターカルチャー、カウンターカルチャー的なもの)がものすごく欲しい。

オルタナティヴな試みは、すでに世界中で行われていて、原発反対デモのときはすげー盛り上がったし、アラブの春や、ウォール・ストリート占領みたいなことを、オレたちだって、もっとやりたいし、やるべきだ。

昔のマルクス主義や宗教的カルトの教条主義なんかじゃなくて、もっと自由に考えて自由に行動できるような、現実に政治や社会を変革できるような、自分自身も盛り上がれるような、そういうきっかけになる本だ。

レビュー投稿日
2013年4月18日
読了日
2013年4月18日
本棚登録日
2013年4月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『脱資本主義宣言―グローバル経済が蝕む暮ら...』のレビューをもっとみる

『脱資本主義宣言―グローバル経済が蝕む暮らし』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする