新装版 テロルの決算 (文春文庫)

4.04
  • (76)
  • (91)
  • (50)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 729
レビュー : 77
著者 :
lafieさん  未設定  読み終わった 

何とも言えないノンフィクション。とにかく丁寧で緻密な人物描写が凄かった。山口二矢と、浅沼稲次郎という人はどちらも極端な思想家でもテロリストでもなくて、ただ単純に自分の信じる道とか、正義感みたいなのがすごく強い人だったんだなあとか、どっちも実直で不器用で、時代がそういう時代だっために起こってしまった事件だったのかなあとしみじみ思うわけで。

レビュー投稿日
2017年10月31日
読了日
2017年9月30日
本棚登録日
2017年10月31日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新装版 テロルの決算 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『新装版 テロルの決算 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする