消された一家―北九州・連続監禁殺人事件―(新潮文庫)

4.20
  • (8)
  • (8)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 62
レビュー : 8
著者 :
ナッキーさん ノンフィクション   読み終わった 

事件のことは当時の新聞報道でだいたい知っていましたが

ここまで凄惨な事件だったとは、とあらためてこの本を読んで

知らされました。

正直言って、途中で何度も読むのをやめましたが

やっぱりこういう事実があったことに目を背けてはいけないし

決して他人の家族のことではないと、感じる必要があると思いました。




この本を読んで、憎しみがほとんどですが

それでも最後に緒方被告の更生した様子が伝えられて

ほんの少しだけ救われた気持ちになりました。

レビュー投稿日
2013年8月26日
読了日
2013年8月26日
本棚登録日
2013年8月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『消された一家―北九州・連続監禁殺人事件―...』のレビューをもっとみる

『消された一家―北九州・連続監禁殺人事件―(新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする