砂星からの訪問者 (朝日文庫)

3.53
  • (4)
  • (13)
  • (15)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 122
レビュー : 17
著者 :
ハイイロさん  未設定  読み終わった 

戦場カメラマン・タビトが相棒のカメラ型AIポーシャとともに猫型異星人と接触するお話。


せっかく猫型なのに、二足歩行、銀縁メガネ(型ウェアラブル端末)という余計なものを取りつけて猫型の魅力を削り取ってくれておる。

好戦的で話の通じない異星人の中からやっと好奇心に駆られてタビトと意思疎通してくれる個体が現れるんだけど、実際好意が生まれてるかというところが微妙すぎて…ただのタビトの願望じゃない?それ空回ってない?としか。

猫型異星人はあんまり魅力ではなかったけどタビトとポーシャのコンビは魅力があります。シリーズの他の話を読んでみたい。

レビュー投稿日
2016年8月26日
読了日
2016年8月1日
本棚登録日
2016年8月1日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『砂星からの訪問者 (朝日文庫)』のレビューをもっとみる

『砂星からの訪問者 (朝日文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする