東大王の人の本棚紹介で面白そうと思い、文庫版を購入。

売れるまでの経緯は、以前テレビで見たことがあったので、驚くことはなかったが、改めて努力の大切さ、やりたいことをやるということの大事さを感じた。

結局売れた人たちが言ってるだけでしょと思った時に、自分たちもそう思ってたという文が出てきたので、現実味があった。

改めて、当時のM1を見返したくなった。あとは、トータルテンボスの漫才と、スネークマンショー、YMOのサービスというアルバムは入手しよう。

(350)

2020年12月8日

読書状況 読み終わった [2020年12月6日]
カテゴリ 本・雑誌

気味の悪い小説だ。

砂に埋もれかかった家に暮らす女と一緒に暮らす羽目になった男。

生活とは何か、仕事とは何か、自分とこの主人公、この女とは何か違いがあるのだろうかと考えさせられる。

2020年10月15日

読書状況 読み終わった [2020年10月15日]
カテゴリ 本・雑誌
タグ

900

2020年10月12日

読書状況 積読

300

2020年10月12日

読書状況 積読

110

2020年10月12日

読書状況 積読

エアコレクションという概念は素晴らしい。

さしずめ、私の音源集めも同じようなものかもしれない。

仮面ライダーチップスにハマった記憶はないが、子どもの頃は、駄菓子屋でウルトラマンの怪獣カードを購入して集めたものだ。

当たりが出るとアルバムを貰えるシステムだったが、子どもたちの噂で、たくさんカードを買うとお婆さんが当たりカードをくれるという話があり、いくらだったかは忘れたが、たくさん買ったらその通りお婆さんがこっそりとカードをくれた時は嬉しかった。本来なら怒るべきところだったのかもしれないが、子どもなんてそんなものだ。

確か表紙にミクラスだかのカードを貼り付ける枠があったように記憶している。その後、巨人の選手だけのカードもあって、巨人ファンでもないのに集めていた。

私もやはりコレクターの血が流れているのだろう。



2020年10月12日

読書状況 読み終わった [2020年10月6日]
カテゴリ 本・雑誌
タグ

本書の解説を書いている一万円書店のドキュメンタリーを見て以来、文庫化を待ちわびた小説。

それぞれの事情を抱えた女の子たちを取り巻く短編が続いて、理事長先生の温かさにほっこりする。反面、こんな先生に巡り会えることなんてないよな、などと思ってしまったり。

人それぞれ、それぞれでいいんだという力をもらえる、けど、そういう場所はそうそうないのかもとも思う。

(400)

2020年9月30日

読書状況 読み終わった [2020年11月25日]
カテゴリ 本・雑誌
タグ

300

2020年9月30日

読書状況 積読

110

2020年9月29日

読書状況 積読

110

2020年9月29日

読書状況 積読

513

2020年9月28日

読書状況 積読

(110)

2020年9月8日

読書状況 積読
カテゴリ 本・雑誌

伊集院光が野球マンガについて、対談形式で語り尽くす。

話は鴨川つばめと言ったギャグ漫画の話から始まって、アストロ球団や水島マンガなどに話が及ぶが、対談形式ということもあり、作者との対談以外はあまり深い話に展開しないのが残念。

ドカベン、球道くん、プレイボール、キャプテンといった学生野球のマンガで育った私だが、ストッパー毒島は読んでみたくなった。

2020年9月6日

読書状況 読み終わった [2020年9月6日]
カテゴリ 本・雑誌
タグ

日本のプロレスを支えたスタン・ハンセンが引退から15年経ったのち振り返った自伝的な物語。

引退した頃はちょうどプロレスへの関心が薄かった時期だったこともあり、最後の試合の様子もこれを読んで知ったぐらいだが、とても興味深く読めた。

ハンセンが1番感謝しているのが、テリーだというのは、あの抗争の頃はもちろん知る由もないが、とても良い話だ。

他にも、ハンセンの他レスラーの評価など面白い。

やはりハンセンは最高のレスラーだと思う。

2020年9月6日

読書状況 読み終わった [2020年9月3日]
カテゴリ 本・雑誌
タグ

(110)

2020年8月16日

読書状況 積読

(200)

2020年8月16日

読書状況 積読

(80)

2020年8月16日

読書状況 積読

(80)

2020年8月16日

読書状況 積読

(110)

2020年8月16日

読書状況 積読

読売新聞の日曜書評で見つけ、読んでみた。

ドンデン返し系を想像していたが、そのような話ではなく、正当的なフィクションであった。

自然と人間との関わりについても考えさせられる。

著者が若くして亡くなっていたというのも驚きだった。






330)

2020年8月16日

読書状況 読み終わった [2020年9月17日]
カテゴリ 本・雑誌
タグ
ツイートする