桜の実の熟する時 (新潮文庫)

3.09
  • (4)
  • (3)
  • (19)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 132
レビュー : 10
著者 :
らすこりさん  未設定  読み終わった 

「春」の少し前である時代が舞台の自伝的作品。若い時に読んで欲しいのかな?
少ししつこい言い回し多々あります。時代が反映されているのと、藤村節と言いましょうか。どうでもい描写も多いです。頭悪いだけだと思いますが。
青春19~21歳の青春時代がテーマなので、「春」と続けて読むと面白いです。が、「破戒」の衝撃が大きすぎたのでこれぐらいかなと

レビュー投稿日
2010年10月16日
読了日
2010年10月16日
本棚登録日
2010年10月16日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『桜の実の熟する時 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『桜の実の熟する時 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする