デートの相手はマーメイド (トリシアは魔法のお医者さん!)

著者 :
  • 学研プラス (2012年4月3日発売)
4.32
  • (11)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 98
感想 : 8
3

“「なにすんのよ、あんたたち!だまってかわいくしてようと思ってたんだけど、も〜限界!あんたたちって、最低!特にそのヨレヨレの白衣の子!」
そう言ってトリシアを指さすのはマーメイド。川から引き上げられたマーメイドは、またビンに入れられて診療所にもどってきました。
「だから、悪かったって言ってるじゃない!けど、ふつうマーメイドがおぼれるなんて思わないって!ていうか、白衣はヨレヨレじゃないわよ!洗たくしたばかりなんだし!」
幸い、ビンにはまだ三分の一ほど海水が残っていたので、マーメイドはその中におふろのように腰までつかっています。
「見てみたかったですわね、マーメイドがおぼれるところ。」"[P.34]

短編詰め。人魚の話は文庫の時にあったっけな。
二人の微妙なつっつきあいににやにや。

“「騎士団は一度決まったことをなかなか変えない。特に一番上のプリアモンド兄上はいい人だが、まじめすぎて命令には決して逆らわない。騎士団から怪物退治の命令が出ているのならば、なにがあろうと退治するだろう。」
「ひ〜っ!」
サイクロプスは腰をぬかします。
「二番目のリュシアン兄上は性格が悪い。命令などなくても、怪物は退治するだろう。」
「ひいいい〜っ!」
サイクロプスの顔が真っ青になりました。
「三番目のエティエンヌ兄上は、面白ければなんでもいいという変なやつだ。その時の気分で、やっぱり怪物を退治するだろう。」
「ひいいいいいいい〜っ!」
サイクロプスは頭をかかえ、涙をうかべました。”[P.112]

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ:
感想投稿日 : 2012年9月9日
読了日 : 2012年9月9日
本棚登録日 : 2012年9月9日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする