ダンジョン飯 1巻 (HARTA COMIX)

4.26
  • (95)
  • (74)
  • (35)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 699
レビュー : 49
著者 :
やおさん 電子書籍(BOOK☆WALKER)   読み終わった 

"「魔物も食べる とにかく食えそうなものはなんでも食う
今までの冒険を思いかえしてみろ なんか結構うまそうなのがいたはずだ」
「無理無理 絶対に無理!」
「魔物を狩って食い扶持にしている人間は割といる」
「地上に戻れない犯罪者とかの話でしょ!?
そいつらだってしょっちゅう食中毒で搬送されてんじゃない!」
「ファリンを助けるためならなんでもするって言っただろ」
「魔物を食べるとは言ってない!!」"[p.17_19/195ページ]

ダンジョンで食材を現地調達して飯を食う、ぐらいしか知らなかったけど、いざ読んでみれば妹が竜に食べられてるわ、パーティーは金欠だわ、主人公?のライオスが魔物おたくであることが判明するわで面白い。
ライオス、妹のファリン、エルフで魔法使いのマルシル、ハーフフットで鍵師のチルチャック、ドワーフで料理人(???)のセンシ。
生死の概念がまだうまく掴めない。消化されてなければ生き返らせることができるから、そこまで焦っていない、というか焦ってるシーンを1話以降にあまり見せてないのかな。
九井さんの描くそこそこ真面目な顔で顔に似合わない事思ってるシーンがすごく好き。というか表情の描き方や語りに味があって好き。
チルチャックの荷物をライオスが持ってたり、背中に大蝙蝠背負ってたり台詞に出してないけど絵で見せてる細やかさほんと良い。
新聞紙やケーキプリン寿司が表現として出てきてるので、ダンジョン以外の地上の様子も気になるところ。
ライオス横顔だと鎧で口元が見えないのすごく良いな……。

レビュー投稿日
2019年10月6日
読了日
2019年10月6日
本棚登録日
2019年10月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ダンジョン飯 1巻 (HARTA COM...』のレビューをもっとみる

『ダンジョン飯 1巻 (HARTA COMIX)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする