ダンジョン飯 6巻 (HARTA COMIX)

4.06
  • (20)
  • (31)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 249
レビュー : 13
著者 :
やおさん 電子書籍(BOOK☆WALKER)   読み終わった 

"「ライオス 俺はな…ずっと前から!お前のことが苦手でたまらなかった
なぜならお前は大雑把で鈍感で間が悪い
おまけに悪意がない分余計たちが悪かった!
今ここでお前を殺しマルシルを連れていっても…」
「じゃあ早くそう言え!!
なんで今まで黙ってたんだよ!俺のことが苦手だとか!鈍感だとか間が悪いとか!!」
「大体の人間なら気付く程度には伝えてたわ!お前も少しは察する努力をしろ!」
「察せるか!!この島でできたはじめての友達に舞い上がってたんだぞ こっちは」
「お前のそういうところも嫌だ
自分だけは実直な顔をして他人に負担を強いてる」
「そんなの知ったことか 何も言わない食事も食べない
なんのためにその口はついている!?」"[p.80_82/213ページ]

黒魔術だいぶやばかったんですね……。
『すごくかっこいい……』ってなに笑えばいいの!?ライオスの感性に混乱すればいいの!?どっち!??
次は、ってことはライオスは一度カブルーのことを忘れてる?ライオスの人間に対する興味のなさが明るみに……というか完全にライオスはそういうやつなんだとその場にいた人物たちには明るみになったことで案外良い方向に進むのでは。
しかしながら、15話で黒い肌の青年の顔の見覚えにないって即答して、コボルトで反応してたのも、20話でシュローがファリンに求婚してたことが初耳だったのも、このせいだと思うとリーダーとしてなかなか不安なところ。
マルシルの父親は人間(トールマン)?
新しい仲間アセビもといイヅツミが増えたけど、どうかんがえても信頼関係にまだない……。そんな危ういものを抱えてるのに抱えてるような様子を見せずに進んでいくのがこのパーティーらしいなあ(そして長所であり欠点)と思わないでもない。

レビュー投稿日
2019年10月14日
読了日
2019年10月14日
本棚登録日
2019年10月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ダンジョン飯 6巻 (HARTA COM...』のレビューをもっとみる

『ダンジョン飯 6巻 (HARTA COMIX)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする