([え]2-1)怪人二十面相 江戸川乱歩・少年探偵1 (ポプラ文庫クラシック)

3.87
  • (61)
  • (72)
  • (71)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 650
レビュー : 86
著者 :
制作 : 平井 憲太郎 
ちびっこさん 児童文学   読み終わった 

「少年探偵」シリーズの第一弾。
小学校の図書館に江戸川乱歩の本(文庫ではなく単行本で)はあったはずですが、この作品を読んだ記憶なし(忘れてしまっただけかもしれませんが…)。
平成の世では「不適切」とされる言葉が使われているあたり、時代を感じます。内容は、先が読める部分と、そうきたか!いう部分があり楽しめました。
本書を手にとった時、表紙の仏像のイラストが妙に表情豊かだなぁ、と思いましたが、読み進めていくうちに納得しました。
少年探偵団の結成の経緯がわかります。
巻末エッセイは平井憲太郎氏です。この方、存じ上げなかったのですが、江戸川乱歩のお孫さんなんですね。

レビュー投稿日
2013年4月11日
読了日
2013年4月11日
本棚登録日
2013年4月9日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『([え]2-1)怪人二十面相 江戸川乱歩...』のレビューをもっとみる

『([え]2-1)怪人二十面相 江戸川乱歩・少年探偵1 (ポプラ文庫クラシック)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『([え]2-1)怪人二十面相 江戸川乱歩・少年探偵1 (ポプラ文庫クラシック)』にちびっこさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする