悼む人〈上〉 (文春文庫)

3.58
  • (140)
  • (328)
  • (350)
  • (64)
  • (11)
  • 本棚登録 :2384
  • レビュー :251
著者 : 天童荒太
lemongrasslalaさん  未設定  積読 

私が常々思っていた事を代弁してくれているような言葉。「亡くなった人の人生の本質は、死に方ではなくて、誰を愛し、誰に愛され、何をして人に感謝されたかにあるのではないか」
祖母の死は脳梗塞からの寝たきり。意思を示すこともできず数年。どんなに辛かったかとつい思い出して、そんな最期だなんて…とそこばかりが思い出されてしまう。でも祖母だって同情なんていらないはず。どんなに私達に優しくしてくれて、どんなに皆に愛されてきたかを思い出してくれる方が、絶対に幸せなはず。誰だって生まれたら死ぬのだから、死に方は大した問題ではなくて、どんなに素敵な人だったかの方がずっと大切なんだと、改めて気付かされた。

レビュー投稿日
2017年3月12日
本棚登録日
2016年4月23日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『悼む人〈上〉 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『悼む人〈上〉 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする