変身 (角川文庫)

3.55
  • (66)
  • (88)
  • (149)
  • (28)
  • (4)
本棚登録 : 998
レビュー : 115
制作 : Franz Kafka  中井 正文 
RURIKAさん  未設定  未設定

リアルっていうから、主人公である芋虫の描写がリアルなのかと思って、ドキドキしながら読んだけれども。
このリアルは人間関係の描写がリアルってお話だったのです。
ぁんまりにも人間らしすぎて目をそむけて鼻で笑ってしまいそうになりました。
だけど、現代でも学者がカフカを長年にわたり議論し合う理由がここにありました。
カフカ思想、父親へのぎゃくしゅう説の根本か、引き寄せられるようにどんどんと読んでしまいました。

一度は読むことをお勧めする、カフカ作品です。

レビュー投稿日
2009年1月3日
本棚登録日
2009年1月3日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『変身 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『変身 (角川文庫)』のレビューへのコメント

猫丸(nyancomaru)さん (2012年9月3日)

「人間関係の描写がリアル」
介護に疲れるように、息子を受け入れなくなってしまう。本当にリアルです。
「鼻で笑ってしまいそうになりました」
笑ったら、カフカも照れ臭そうに笑うでしょうね。皆悲観的過ぎるよって、、、

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする