The Bone Collector: The First Lincoln Rhyme Novel

著者 :
  • Signet (1998年4月1日発売)
3.77
  • (9)
  • (5)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 52
感想 : 13
4

今読んでますー。この人の本読むの初めてだけど、今んとこ読みやすい。
設定がリモート思い出すわ(笑)あの作者、このシリーズのファンやったんかいな?
さっき読んでたら動詞でシャンハイとか出てきた。辞書引いてみたら「(暴力・麻薬・酒などの)無法な手段で船に連れ込んで水夫にする、だます」だって。すごい動詞もあったもんだ(笑)他にも地名で動詞になってるのとかあんのかなー。
今120ページ(7/31)
そういえば途中経過報告忘れてた。今235ページ(8/7)
あれ?これすごく読みやすい〜と言ってる割に進んでないな。
でもこれすごい読みやすい。分からん単語は盛りだくさんだけど、さっぱり気にならずに日本語と同じ感覚で読める。(スピードはのろいけど)
とりあえず被害者の一人がドイツ語しゃべるので、ふふふ分かる分かる・・・と悦に入ってます。(そらーヒルフェ!とかくらいやもんな)こういうのって日本語訳どないなってんのかな。こういうのって、結構英語とかドイツ語とかの小説によく出てくるけど、日本語の場合ってないよな。やっぱりアルファベットと日本語文字の違いが大きいもんな。
読み終わった。(8/9)
最後の最後に、エー!!みたいな。なんかブラックジャック思い出したわー。(どの話かは内緒。てか、それ言わんとさっぱり分からんのでは)
レビューとか読んでると、ライムの自殺への情熱が語られてる、とかって書かれてたのでふんふん、と思ってたんだけどそこは意外とあっさり流されたような・・・。期待のし過ぎ?はみだしっ子ちっくな感じになるのかなーと思ってたもんで。
でもライムとアミリアの関係はなんかやっぱりリモート思い出すね!(笑)光一さんと深キョンがお手手つないでベッドに寝転がってたシーンが、なんもないよ?なんもないけどその分エロいよ?って感じだったけど、そんな感じ。てか、やっぱりリモート作者はこのシリーズのファンなんじゃ、と思った(笑)

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 洋書
感想投稿日 : 2008年7月31日
読了日 : -
本棚登録日 : 2008年7月31日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする