レズとふたなり、百合大好きの双竜の本棚~絵の描き方やビジネスもあるよ~

今すぐ読むべき本。
まさに自分がやっていることそのものだ。

しかし、自分の場合はそこをさらに否定して
妄想の力も引き出そうとしている。

左脳を額氏、右脳を否定し、そしてそこを合わせて
二つの脳を使い、さらに否定しくと
そこにあるものは「まだ見えないもの」がある。

創造する人間として、これは読んでおかないと、
今の自分自身をとことん否定してしまうことになる。

2012年6月30日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2012年6月30日]
カテゴリ ビジネス書

常識が変わった。
いや、何度も音読してこの人の考えそのものを
取り入れようとしている。

そのくらい、この人の何にも恐れない
悪く言えば図々しい心を手に入れたい。

なお、早速実践して1日で利益が出た。
でもこの人のような商品の必要性は
まだ自分の中で迷いがある。

これを入れたいなあ、早く

ネタバレ
読書状況 積読
カテゴリ ビジネス書

深すぎて言葉が出ない。

何度も老人と青年の部分を見たくなる、そんな作品です。
(これしか書けることがなくて申し訳ない)

2012年2月18日

ネタバレ
読書状況 観終わった [2012年2月18日]
カテゴリ 動画

すごい、繊細だわ。
私は男で細かいことはあまり好きではないのですが、
絵師を見るとすべてが細かい。

特に戦国時代の絵。
あの細かな装飾に「すげえ」と思ってしまった。

今はできなくても必ず彼らのように
細かく描いていくんだ。
すごい刺激になりました。

細かさを追求するならお勧めです。

2012年2月17日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2012年2月17日]
カテゴリ 美術書

構図を一つずつチラシの裏、ノートに書いて
頭に叩き込んでいます。

私は主にエッチな絵や
自分で創っているゲームのカットに対し、
相手に最大限ぐっとくるインパクトを得たくて購入したのですが、

昔の人はよう考えている。
いや、美的感覚がすごいなあ。

いつもノート、チラシの裏とペンをもって
勉強しております。

ただ読むだけじゃこの本は意味ないと
私は思っています。

ネタバレ
読書状況 いま読んでる
カテゴリ 美術書

ここまで繊細によう描けるわ。
絵を描いている人間として、描いていると途中からリアリティ
のない、何となく描きましたと言わんばかりの絵になってしまう。

なんというか、絵に魂、命がこもっていない。
ただ自分の内側を履きだしただけのものとなっている。

この絵はそんな内側を深く見据えて、
なおかつ絵に魂がこもっているから見ていて楽しい。
それに向こう側の生活事情ものぞけて、
あっちの国も日本と大した変わらないんだなあと思った。

しかし、目と顔は生き生きしていて素晴らしい。
この画力、何としてでも学びたい。

2012年1月24日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2012年1月24日]
カテゴリ 美術書

これは素晴らしいわ。
裸をかくって簡単に見えて実は奥が深い。
何しろ裸を描いていると必ずぶち当たる問題がある。

それが筋肉、骨だ。
これらはどんなに練習してもいざデッサンをすると、
なかなかうまく描けないものである。

ましてや絵となると適当に色を塗ってしまう。
この作品は裸の女性が一人一人丁寧に優しく描かれている。

萌絵とは程遠いけれど、こういうところを突き詰めると
萌絵に新たな何かを開くヒントがあるのだろうと思っている。

というか作者の筆の使い方を学びたい。
そう思わざるを得ない本なので、ぜひ読んでほしい。

2012年1月24日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2012年1月24日]
カテゴリ 美術書

代々木監督のところを読んで、初めて購入。
これほど恥ずかしい気持ちにならないAV本はない。

代々木監督のところ、現実を無視したら
その理想に復讐される
というところがとてもよかった。

自分もそう言うところがあり、見事理想にやられた。
それでも生きてこれる。
この監督、後向井さんのところなどを読んで
いろんな人生があるんだなあと感じた。

本当、ありがとうと頭を下げたくなる本だ。

2012年1月10日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2012年1月10日]
カテゴリ 受験教養

とにかくやる気が出る。
特に後ろだでのないことを仕出かそうとする自分にとって
最大の敵は自分の中にある甘さであり
最高の友達は自分の中にある燃えたぎる情熱。

人間、この甘さと情熱のどちらをとるかで
大きく人生は変わる。
この本を通して情熱を選ぶ道を取った。

その道は甘えからすると最もむかってほしくない
甘えがたくさん誘惑してくる道だけれど、
選んだことに後悔は全くしてない。

人生は本当に爆発してこそ価値がある。
それを自分の身をもって悟った時、
この本の内容に涙を流した。

今でも甘えにすがりつきそうなときはこれを読む。
ぜひ、あなたにお勧めする。

ネタバレ
読書状況 積読
カテゴリ 受験教養

常識が覆りますね。
百合なんですけれど、中身はBL。
そんな内容ですが、百合好きの私としては
これは面白い。

というよりこういうやり方があったのかと
驚くばかりです。

個人的にドジっ子と結ばれてほしいけれど、
それが後にわかったとしても?
やっぱり禁断の愛に悩む主人公が面白いので、
このまま主人公が悩むところをにやにやしていたい。

そんな気にさせる百合本です。

2012年1月7日

読書状況 読み終わった [2012年1月7日]

ハーレム。
実際はふたなりでなく、男の娘ものだけれど、
彼が女にみえるのでふたなりに一応ジャンルを設定。

それは置いといて羨ましい。
と言っても自分がそこに参加したいと言うわけでなく、
参加したら楽しそうだなあという雰囲気にさせられる。
作者のストーリー、エロ展開はそう言う何かがある。

ハーレム妄想したいならこれは本当にお勧め。
妄想にさらに磨きとリアリティを出すことができます。
ハーレムだからこそできる、ああこんなセックスもあるんだ
といった、妄想の道具に役立つこと間違いなし。

2012年1月5日

読書状況 読み終わった [2012年1月5日]
タグ

非常にお勧めできる本。
というのも私はこれで全ての教材を音読し、
あれほどわからなかった理科がわかるようになった。

勉強と言ってもビジネス書なり
美術の本なりエロなり、色々あるけれど
とにかく音読していくことで、親近感がわく。
正直、この本がなかったら音読に目も向かなかった。

ありがとう

ネタバレ
読書状況 積読
カテゴリ ビジネス書

元気づけられました。
主人公は父親が元相撲取りだったのですが、
とある事件で相撲協会から追い出され、
そして絶望のまま死んでしまいました。

で、主人公はちょっと気したきっかけで相撲に入門
するのですが、兄弟子のかっこいいこと。
顔は関係なく、最新の漫画を読んだらますます兄弟子って
本当に兄貴なんだなあと感じ、じーんときました。

話の作りがとてもうまいです。

2011年12月26日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2011年12月26日]
カテゴリ そのほか漫画
タグ

完顔阿骨打先生を知った初めての本。
というよりこの人の描き方が私のふたなり属性を
作ったと言っても過言ではない。

彼の描くペニスにはほとんど玉はないし、
ペニス自体は具体的でないから、
実写的でなく、アニメ特有の描き方である。

しかし、エロシーンはふたなりレズに特化しているから、
男のいない作品としてとても好きなものである。
特に姉抜いてのライバル、妹、そして主人公の3Pは
何度同じところを見ても抜いたものだ。

やはり体格は同じ条件が一番抜ける。
ふたなりの世界を教えてくれたこの本に感謝。

ネタバレ

如月先生の本との出会いはこれだった。
個人的にこの姉妹がいいんだ。

姉はツンツン、妹は積極的。
この関係にまずぐぐっとひきこまれた。

そしてセックス。
4Pは特に最高である。
3Pは自分の絵の描き方にも衝撃を受けた。
この人のうまさは何と言っても
漫画から飛び出た実写だ。

表情もぐっとくるものがあるし、姉妹丼もあるし
百合姉妹好きの私にとっては是非とも抜ける一冊である。

2011年12月24日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2011年12月24日]
カテゴリ エロ本

これは何度も音読するべき本です。
ただ読んでおしまいじゃ絶対にダメで、
目的は彼の思考そのものを自分の頭に入れること。


微差力、何でもかんでも勝負は微差によって
決まると言われていますが、
物事は大きく動いているようで、ほんの小さな動きには
目もくれない。
その、目もくれない場所にこそ、全ての勝負がある。

そんな内容です。
何度も声に出して読み、そして本がなくても
すらすら言えるような状態にしてください。
その時に何らかの判断があった時に効果が出ますので。

ネタバレ
読書状況 積読
カテゴリ ビジネス書

最低7回は読まねばならない本。
というよりうち2回は必ず声に出して読むべき本。

特に声に出して読むのとただ読むのとでは
全く頭に入ってくる内容が違ってきます。

彼の本を通して何を得るか。
一言で言えば億万長者の思考そのものを
自分の頭に入れることです。

これが簡単にできるようでいざやれと言われたら
できない、とても厄介なものです。
彼の見る力を通して私も世の中の仕掛けがだんだんと
見えるようになり、同時に仕掛けれるようになりました。

これからの世の中、ひいては自分自身を見るのに
そしてうまく行っている人の考え方をコピーするためにも
この本はお勧めです。

ネタバレ
読書状況 積読
カテゴリ ビジネス書
タグ

美術解剖図と会わせて読んでおきたいもの。
美術解剖図ではもっぱら人体の骨格についてのみ
描かれているが、こっちは違う。

いろんな絵を参考にどうやってデッサンしていけばいいのか
すぐにわかる。
だから迷いが少ないし、ここに描かれているものを
とりあえず描き切ることで見えてくるものはある。

ただし、ただ参考程度に読んでいては
この本の価値は意味がない。
真似して真似して、描き切ることが効果をもつのだ。

ネタバレ
読書状況 積読
カテゴリ 美術書

筋肉や骨が結構難しいけれど、まずは一度、
全部を書いてみること。

そして日がたったら改めてまた1から描くこと。
その時は美術書を見ないで描き、
そして答え合わせの用に見比べること。

結局やっていることは受験勉強と変わらないのですが、
ただ見て参考程度にするより、
自分の頭に全て入れたほうが圧倒的に迷わない。

ただ、最初から手をつけるよりはデッサンしていて
自分の中で違和感が出た時に購入するのがよろしい。

ネタバレ
読書状況 積読
カテゴリ 美術書
タグ

何度も片手間に読んでは、saiを使って描いています。
そもそも興味を持ったのはこの作者がpixivで絵を描いていたのを
公開し、それが気にいったからです。

早速本屋で購入し、しわから肌の塗り方など、
なるべく作者のまねをしている段階でございます。

これは肩手に本を開き、なるべく見よう見まねでまねる。
そうやって悪戦苦闘をすれば、この人のような絵力になります。
参考程度に見るのでなく、全部上からトレースして
描くのが一番の近道でございます。

もちろんその後、復習を忘れずにすること。
目標はこの人の画力をコピーする、記憶することですから。

2011年12月24日

ネタバレ
読書状況 積読
カテゴリ 美術書
ツイートする