高塚省吾画集 美しうるわし

4.40
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 3
著者 :
双竜さん 美術書   読み終わった 

これは素晴らしいわ。
裸をかくって簡単に見えて実は奥が深い。
何しろ裸を描いていると必ずぶち当たる問題がある。

それが筋肉、骨だ。
これらはどんなに練習してもいざデッサンをすると、
なかなかうまく描けないものである。

ましてや絵となると適当に色を塗ってしまう。
この作品は裸の女性が一人一人丁寧に優しく描かれている。

萌絵とは程遠いけれど、こういうところを突き詰めると
萌絵に新たな何かを開くヒントがあるのだろうと思っている。

というか作者の筆の使い方を学びたい。
そう思わざるを得ない本なので、ぜひ読んでほしい。

レビュー投稿日
2012年1月24日
読了日
2012年1月24日
本棚登録日
2012年1月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『高塚省吾画集 美しうるわし』のレビューをもっとみる

『高塚省吾画集 美しうるわし』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする