新版・プレイセラピー: 関係性の営み

0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 2
岐阜聖徳学園大学図書館さん 2010-2014年度学生選書   未設定

子どもたちの遊びは単なる気晴らしではない。それは意味と重要性に溢れている。 ーフレーベル.F
プレイセラピーという言葉を聞いたことがありますか?「プレイ」はこの場合子どもたちの「遊び」のことを指してます。子どもにとっての「遊び」の重要性を教えてくれる一冊です。(教育学部・社会専修)

プレイセラピー(遊戯療法)について、教員採用試験を受ける方は言葉だけは知っている方も多いだろう。しかし、実際にどのように行われているのかを知っている人は多くないだろう。例えば、用途が決まったある物を指し、「これ何?」と子どもが言ったとする。セラピストは「あれは○○だよ」と答えてしまうとそこで終わってしまう。「どんなものにもなるよ」と答えることで、創造力と想像性の開花が促されるのである。(教育学部・国語専修)

レビュー投稿日
2014年10月7日
本棚登録日
2014年10月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新版・プレイセラピー: 関係性の営み』のレビューをもっとみる

ツイートする