天才の栄光と挫折―数学者列伝 (新潮選書)

3.64
  • (25)
  • (30)
  • (64)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 275
レビュー : 39
著者 :
文教大学越谷図書館さん 秋山朝康先生   未設定

筆者は御茶の水女子大学の名誉教授で数学者である。図書館蔵書以外にも著作はあるが、中でも一番有名なのはベストセラーになった「国家の品格」であろう。古くから知っているファンとしては正直面白くない。私は「若き数学者のアメリカ」を特に勧める。アメリカへ留学した時の体験記である。留学の孤独・異文化・人間・学問などを、ユーモアを交えて鋭い視点で分析している。しかも、易しい言葉で書かれていて、文章ってこんなふうに書くのかという書き方まで学べる。さらに、マンガのようにゲラゲラ声を出したと思いきや、涙しながら一気に読んでしまう恐ろしい本である。(注意)藤原正彦中毒にならないよう、読んでいただきたい。

文学部 T.A


越谷OPAC : http://kopac.lib.bunkyo.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=1000328620

レビュー投稿日
2013年9月28日
本棚登録日
2013年9月28日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『天才の栄光と挫折―数学者列伝 (新潮選書...』のレビューをもっとみる

いいね!してくれた人

ツイートする