法の精神〈上巻〉

3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
レビュー : 1
制作 : 野田 良之  上原 行雄  三辺 博之  稲本 洋之助  田中 治男  横田地 弘 
和歌山県立医科大学図書館三葛館さん 第72回展示図書「大学生に読んでほしい名著」   未設定

三葛館一般 321.1||MO

1748年モンテスキューによって出版された本書は、現在の政治システムの基礎となっています。権力分立論は、ジョン・ロックが著した『統治二論』の中でも紹介されていましたが、彼は司法権を分立論の中に取り入れていませんでした。立法権・司法権・行政権の3権を行使し、国を統治するという概念を示したのはモンテスキューが最初になります。
共和制・君主制・専制政の研究や気候・風土からみる精神文化の相違、民法・刑法の制定や奴隷制の廃止など、非常に読みごたえのある内容です。アメリカ合衆国憲法やフランス最初の憲法制定にも影響を及ぼした本にぜひチャレンジしてみてください!
                              (うめ)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=6806

レビュー投稿日
2016年6月28日
本棚登録日
2016年6月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『法の精神〈上巻〉』のレビューをもっとみる

『法の精神〈上巻〉』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする