武士道

3.55
  • (47)
  • (52)
  • (110)
  • (15)
  • (3)
本棚登録 : 660
レビュー : 76
著者 :
制作 : 奈良本 辰也 
和歌山県立医科大学図書館三葛館さん 第72回展示図書「大学生に読んでほしい名著」   未設定

三葛館一般 156||NI

著者は旧五千円札でも有名な新渡戸稲造です。武士という身分、そして日本の社会風土・精神が作り出してきた武士道と名づけられた独特の思想や考えをまとめた本書は、1900年にアメリカで出版されて以来、大きな反響が寄せられてスペイン語・ドイツ語・イタリア語など様々な言語に訳され、出版を重ねてきました。武士にとって「義」・「勇」・「仁」とはどのようなものなのか、また切腹という行為や刀という道具はどのような意味を持つのか。などこの1冊で武士道について必要なことを知ることができるようになっています。現在でも経営者やビジネスマンの必読書として愛されている本にもなりますので、ぜひオススメです!
                              (うめ)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid= 41212

レビュー投稿日
2016年6月28日
本棚登録日
2016年6月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『武士道』のレビューをもっとみる

『武士道』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする