僕は、そして僕たちはどう生きるか

4.06
  • (187)
  • (180)
  • (98)
  • (18)
  • (8)
本棚登録 : 1470
レビュー : 274
著者 :
librariantomoさん  未設定  読み終わった 

人がいかに簡単に周囲に流されるか、ということ。
この物語の中に、流れに流されたくなくて一人になることを選んだ三人が出てくる。
戦時中徴兵されることを肯じなかった人。
命の授業という名目で自分のかわいがっていた鶏を絞めて食べることを強制された少年。
心ならずもAVに出ることになってしまった少女。
もう一度、書く。人はいかに簡単に周りの圧力に抗しきれなくなるものなのか。その結果を受け止められなくなったとき、いったん群れから離れて一人で生きることを選んだ。
一緒に命の授業を受けていて、ペットを殺されることになる友達の気持ちに気づけなかったコペルが述懐する。「何かがおかしい」って「違和感」を覚える力、ひっかりに意識のスポットライトを当てる力が、なかったんだ。
この表現は本当に的を得ている。
そして、さらにこの小説の深いところ(梨木果歩のすごいところ)は、同じ教室にいたコペル君が自分の行動、感情を洞察するところ。友達の気持ちに気づいていなかったのではなく、気づいていてそれをごまかしていたというところまで省察するところだ。

レビュー投稿日
2017年11月17日
読了日
2017年11月7日
本棚登録日
2017年11月7日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『僕は、そして僕たちはどう生きるか』のレビューをもっとみる

『僕は、そして僕たちはどう生きるか』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする