オーリエラントの魔導師シリーズの一冊。シリーズ第一作目にして傑作である『夜の写本師』に繋がる、本の魔術と呪いと復讐の物語。
この世のすべての本を「読む」ことができる木を抱く、『久遠の島』。神聖で美しく、島民たちによって大切に守られてきたその島は、ある男の企みにより、一夜で沈んでしまう……。生き残った三人の少年少女の、復讐と再生を描いた長編。

ここ数年の乾石氏の作品の中では、一番のお気に入りになった。
壮大な物語、本や魔術、ヤギといった魅力的なモチーフ。主人公ヴァニダルをはじめとするキャラクターの細かい心理描写。そして、『夜の写本師』に繋がる、鮮やかなストーリーライン。どれをとっても素晴らしいと言えると思う。もちろん、乾石節とも言える、荘厳で美しい描写も健在だ。


この物語の特筆すべきところは、やはり、主人公たちの泥の中で過ごすような苦しい生活と、その中での努力が、事細かに描かれていることだろう。
主人公ヴァニダルは、書いた文字が「呪い」となる魔術を。その兄ネイダルは、写本を。そして、二人の幼馴染であるシトルフィは、絵を。故郷という心の支えを失いながらも、三人は自分のやるべきことを見つけ、それを極めてていく。
一般的に、このような「修行」のシーンは嫌われがちだと、漫画等の世界では言われている。だが、その修行さえも、日本ファンタジー界の大魔術師・乾石智子の手にかかれば、物語一の魅力となるのである。
エキゾチックな雰囲気が漂う、写本や呪いといったモチーフを、その文章力によって、どこまでも魅力的に見せてくれる。恐ろしくて、神聖で、でもどうしても気になる。そんなファンタジー世界を描くのは、彼女の得意技であると言えるだろう。加えて、技術を極めていく過程で見られる三人の心身の成長には、児童書を読んだ時のような爽快感もある。このバランス感が、特に良いのだと思う。
そして、この努力が、最後の「復讐」へ向かって収束していく。本当に見事なストーリーだ。


※以下、他の「オーリエラントの魔導師」シリーズの作品のネタバレあり

この物語は、ヴァニダルたち三人の復讐譚である。復讐といえば、乾石智子の十八番。そう思う方もいるかもしれない。だが、この作品は一味違う。勧善懲悪、とでもいえばいいのだろうか。ヴァニダルたちの作戦は見事に成功し、彼らは、故郷を滅ぼした傲慢な男・セパターを懲らしめる。
乾石智子の描く復讐は、ある意味「中途半端」な状態で終わってしまうことが多い。例えば、『夜の写本師』。相手を1000年呪い続けた主人公は、最後には多くの人を呪ってきた彼が孤独であり愛を欲してしたということに気が付く。また、『沈黙の書』では、最後の敵は、家族や故郷を失った原因である人間ではなく、他の大陸からやってきた、言葉の通じない蛮族だ。
このような展開は、個人的に好きな展開の一つである。人間というのは、全くの悪人でもなければ、いつだっていい人なわけでもない。現実的な人間像の一つとして、このことはとても的を射ていると思う。

だが、本書は違う。彼らは呪いを込めた写本を使い、貴重な本に目がないセパターの性質を分かったうえで、見事に彼に勝利する。先にも述べたように、勧善懲悪だ。
復讐が復讐として、完璧に成功する物語は珍しい。現在の日本では、復讐はするべきではないと定められている。芸術の世界も、「復讐は何も生まない。過去に縛られるのはやめ、前を向くべき」というようなメッセージで溢れている。それが間違いだとは思わない。だが、本当にそれだけが真理だろうか。どうしても許せないことがあるとき、そのやるせない気持ちを捨てることは難しい。もちろん、現実世界において復讐は何も生まない。だが、人間の醜さを肯定する手段であるはずの芸術が、怒りや悲しみを捨てろと高潔な精神のみを説いてしまっては、負の感情を救...

続きを読む

2023年9月13日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2023年9月13日]

2022年本屋大賞に選ばれ、第11回アガサ・クリスティー賞を史上初の全会一致で受賞した大作。
第二次世界大戦時のソ連軍で、ナチス・ドイツに故郷を滅ぼされ、狙撃兵として戦った女性を描く。

綿密な調査に裏打ちされたリアリティと、戦場で揺れ動く主人公たちの心情の繊細かつダイナミックな描写を併せ持つ、とても完成度の高い作品。
重厚な物語だが、読みやすい文体と魅力的なキャラクター、巧妙な展開に引き込まれ、本の厚さを全く感じず読み進めることができた。

本編全体を貫くのは、人は何のために戦うのか、何のために生きるのか、という問い。そこには、主人公セラフィマが「女性」であるということが大きく絡んでいく。

少女セラフィマは、生まれ育った村をドイツ軍に壊滅させられ、味方であるはずのソ連軍には「焦土作戦だ」と言われ村を燃やされる。ソ連軍の女性兵士・イリーナに「戦いたいか、死にたいか」と問われたセラフィマは、母を殺したドイツ軍と、村を焼いたイリーナに復讐するため、狙撃手になることを決める。
作中で描かれるセラフィマの「戦う動機」はこれが始まりだ。
しかし、話が進むにつれ、セラフィマの「動機」は乱されていく。冷血だと思っていたイリーナの優しい姿。戦友の死。「人殺し」を楽しむ自分。幼馴染との再会。そして、ドイツ軍同様、占領した地域で女に暴力を振るうソ連軍。「ソ連は私たちの愛する祖国、私たちは仲間」「ナチスは敵、化け物。私たちが倒さなくてはならない」自らを奮い立たせてきた信念に、セラフィマは違和感を感じるようになる。この様子が、生々しい戦争の描写と共にありありと描かれている。
自分はなぜ戦うのか。これは、彼女の上官であるイリーナも女狙撃兵たちに尋ねた問いであった。
セラフィマの仲間である女狙撃兵たちは、自分なりの答えを見つけていくが、セラフィマは「復讐」に囚われ続けている自分に焦りを感じる。
物語のクライマックス、セラフィマは幼馴染が、ドイツ人の女に乱暴をはたらこうとする様子を目にし、彼を撃ち殺す。その瞬間は、ある意味最も過酷な瞬間だ。だが、同時に彼女が「何のために戦うのか」に答えをだす瞬間だ。その決断は、セラフィマの辿ってきた人生から、彼女が浮かび上がらせた答えであった。「女性を守る」それは、母と二人で暮らしてきて、陵辱され殺された村の女性たちを目にし、女性として戦う中で偏見を受けてきた彼女の、心からの思いだった。
セラフィマの幼馴染であり、クライマックスで彼女に殺されるミハイルはこう言った。
「戦争は、人を悪魔のように変えてしまう」
だが、セラフィマたちは戦争という魔物に抗い続けた。この物語に登場する男性兵士たちには、この様子は見られない。これは、男性の本能なのか、それとも組織的な悪習なのか。どちらと決められるわけではないし、それ以外の理由もあるような気がする。いずれにせよ、戦争に屈して人が変わってしまうというのは、あまりにもやるせないことであり、恐ろしいことだ。
これは、敵にも味方にも起こりうることで、その事実は、現在も続く世界各地の争いにおいて、人々が念頭に置くべき戦争という魔物の力であると思われる。

この物語は、あまりにもリアルだ。私は戦争を経験していない。だが、戦争の過酷さ・残酷さ、セラフィマの怒りや苦しみ、葛藤が手にとるように分かる。セラフィマと共に、復讐に燃え、戦友の死に慟哭し、味方の矛盾に苦しむ。これは、エンターテイメント小説だからこそできることではないだろうか。仰々しい印象も、説教くさい印象もない。描かれているのは、一人の狙撃兵の女性の一生である。だが、そういった本であるからこそ、より多くの人にまっすぐに届く。
私は、実は戦争関連のノンフィクションが苦手だ。戦争はいけない、ということがいくら重要なことだとしても、それだけを盲目的に伝えているよう...

続きを読む

2023年3月10日

ネタバレ
カテゴリ 各賞受賞作品

この著者の作品を読むのは4冊目。
4冊の中では1番面白いと感じました。
物語全体に漂う禍々しいような神秘的な雰囲気がとてもよいです。世界観を広げすぎていないのが成功の理由の一つだと思います。閉塞的な空間であるからこその恐ろしさがうまく描かれているように感じました。話の辻褄や盛り上がり、子供と大人、それぞれの立場などがしっかりしています。時代設定などもちょうどぴったり作品にハマった感じがします。
一つだけ、最後、鷹丸の父親や継母、家計がどうなったのかが気になります。結構厳しい問題だよな…と。天鵺家の今後が何か他の書籍などでチラッと描かれていたら面白いなと思ってしまいました。

2021年8月21日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2021年8月21日]

シリーズ三十巻目。
ついに完結巻ということで、怒涛の展開が続きました。
シリーズ開始当初から張っていた伏線が見事に回収されていく様子に感服でした。
最後の戦いの結末はとても意外でしたが、すとんと腑に落ちるようなところがあります。
この結末に向け、13年間シリーズを刊行し続けた藤咲先生は本当にすごい…!
児童書とは思えない緻密な世界設定、そして外伝と本編の流れの見事な合流。
人気シリーズになるのも納得です。
長いシリーズを読破して、最初から読み直したくなったんですが、図書館で借りていたので手元にありません。全巻買うお金もありません。

感慨深いものはたくさんありますが、何よりレイヤの決意でしょうか。
姉ラブ爆発のイメージが強い彼でしたが、やはり王子というか。
二年間でとても成長したんだなあと。
三章の終わりのイラストの笑顔がとても自然ですてきです。

終章では、今まで出てきたほとんどのキャラクターの未来が分かります!
納得の道をいく人、少し意外な未来の人、とても楽しかったです。
何よりサーヤ…!
まさか、まさかね…。
意外すぎると思ったのですが、藤咲先生はこの結末を2巻で既に決めていたというのです。
驚きでした!
とはいえ、みんなが幸せそうでよかったです。
何よりほとんど人が死なない…。
児童書だからかもしれませんが、やはり仲間みんなで輝く未来を迎えられるのが一番ですね!

魔天使マテリアルシリーズは、私がファンタジーにどっぷりになったきっかけの本です。
幼心に、ワクワクドキドキしていたことをとても覚えています。
新刊を待つということを始めたのもこの本からだったような気がします。
そんなシリーズが終わってしまうのは少し悲しいですが、読み終えた今ではとても満たされたような気分です。
サーヤ、レイヤ、そしてマテリアルの仲間たち。
藤咲先生、藤丘先生、素晴らしい本を本当にありがとうございます。
マテマテに出会えてよかった‼︎







2020年5月17日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年5月15日]
カテゴリ 藤崎あゆな

他の作者さんの東京創元社の本を読んでいて、巻末に載っていた本。
興味があって読みたいと思っていたのですが、ついに読むことができました。

砂漠の中の都、魔族、贄の子…。
世界観がすごく素敵でした。
空飛ぶ船での冒険、稲妻狩り、翁との会話などワクワクする場面もたくさんありました。
話の内容はとても面白かったのですが、少し早足だったかな。
最近乾石智子さんのファンタジーばかり読んでいるので、もっと掘り下げがあるかなと思ってしまいました。
一方で、船長や幸せの虫など個性豊かなキャラクターが魅力的です。
そして、ヒーロー(?)の正体に驚かされました。
その発想はなかったな。
王族かなと思っていました、だって王子たちがあまりにもひどすきてこの王国終わりじゃんと思ってしまったので。
願望ですね。
王子たちの死に方はあまりにもあっさりでした。
もっとえげつなく追いかけてきて欲しかったです。

どうやら三部作のようなので続きも読もうと思います。

2020年3月17日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2020年3月16日]

映画を見たあとに小説を読みました。
どちらもとてもよかったです!
小説は思ったよりも、映画をなぞっている感じでしたが、その中でも帆高以外の人の心情が掘り下げられていたのはよかったかなと思いました。
映画ではじめはちょっと信用できないと思っていた須賀さんと夏美さん(最後はとてもいい人だということがわかったけれども)が、
彼らなりに悩みながら行動していたとわかり、親近感が湧いたり。
空に消えたあとの陽菜の心情が書かれてたのも映画の感動に拍車をかけました。

映画、小説を通しての感想は、何かに一生懸命になれるというのは素晴らしいことだということ。
あんな風に全てを犠牲にしても守りたいと思えるものがある青春は幸せだろうな。
新海誠の映画の主人公たちはどこまでもひたむきなところがすごく愛おしくて好きです。
たとえそれが刹那のことであるとわかっていても。
私が映画館で見たのは本作と「君の名は。」だけですが、他の作品も見たかったな。
小説を読んだのもあるけど、テレビで録画してるのでそれも含めてみようかなと思ったり。

とにかくたくさん泣かされた映画でした。
帆高の言葉に涙が出っぱなし…。
個人的にはいつも大人びた凪の最後の必死の一言が涙腺決壊ポイントでした。

最後は、監督が「賛否の分かれるものを作った」と言っていたこともありバットエンドを想像していましたが、ハッピーエンドだったと思います。
東京の姿が変わってもかれらは一生懸命に生きていくんだろうな、と。
「世界なんて元々狂ってる」
その言葉を言える人たちのなんと強いことか。

あと、今回は小説、映画ともに「君の名は。」のファンサービスがすごいです!
彼らが出てきた瞬間、もう叫びたくなったり。

2019年8月16日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年8月14日]
カテゴリ 新海誠

はじめ、なんて残酷な話と思いながら読み進めていたのですが、最後「ぼく」の決断に泣かされました。

私は、どんなに責任を感じていても「ぼく」のような行動はとれないと思います。
小学校四年生か…小さな子供だからできることなのかもしれないです。
「ぼく」はちょっと大人び過ぎの気もしますが。

秋山先生、私は彼の性格が好きです。
人は他人のためには死ねないと言いながらも、人を助けようとする…諦めたような態度は、報われない熱さを悟ったからなのでしょうか。
「ぼく」が秋山先生と出会えてよかった。

「人間は人のためには泣けない」

とても考えさせられる本でした。

「名前探しの放課後」をもう一度読みたくなった。

2019年7月22日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年6月9日]

荻原規子、西洋風ファンタジー、第3弾!
今回は王宮編です。
華やかな貴族社会が描かれるかとおもいきや、なんだか色々な意味で違う方向に…。
フィリエル、きみは大胆だね…。
やっとルーンへの想いを自覚。
それなのにルーンは…。
なんて別れなんでしょう…!
悲しすぎます。
2人のすれ違いが辛いです。

いよいよ世界の「闇」が少しずつ明らかになってくる感じです。
荻原規子ヒロインフィリエルと苦労者(こちらも荻原規子のド正統)のルーンがこれからどうなるのか、続きが気になって仕方ありません。
アデイルとユーシスも…!
4巻も借りてるので、すぐ読みます!

2019年4月27日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年4月14日]
カテゴリ 荻原規子

荻原さんのファンタジー、第2巻!
この先どうなることやらと思ったら、フィリエル、女学校に行くことに。
端的に言うと、「女は恐ろしい」という巻です。
陰謀次ぐ陰謀。そして人死にまで。
実際にはここまで過激ではありませんが、女子の世界が恐ろしいのは同じです(汗)
それを「貴族の思惑」という形でうまく表していると思います。
なんかレアンドラが恐ろしいです。
「色魔」って…(笑)

でもやはり、少女小説ですね〜。
心が夢見る少女ではない人はキツイかもしれません。
まず普通、男子禁制の学校に女装して男子が転校してきたりしません(笑)
しかもフィリエルの隣の部屋…。
いや不用心過ぎでしょ!
前巻を読んでこの2人にはもっと仲良くなって欲しいなとは思っていたのですが。
これはいきなりすぎでしょう!
ルーン…欲求不満ですね(笑)
可愛すぎます。
すごいフィリエル大好きなのに、全然伝わってなくてかわいそうですけど。
でも、屋上で流星群みるシーンは大好きです。
「もう一回してみる?」 「してみる」
って…。
かつてこんなに可愛らしいキスシーンがあったでしょうか。

それはさておき、アデイル…。
いったいどんなお嬢様なのでしょう?
BL趣味は大事な設定だったんですね(汗)
ユーシスに迎えに行かせちゃうし。
アデイルだけでなく、女子軍が強気すぎて、ユーシスがヘタレに、ルーンがお姫様に見えてきます。
でもこの2人の会話は、嫌いではありません。
そして、チェスがやりたくなりました(笑)

2019年4月3日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年3月31日]
カテゴリ 荻原規子

荻原規子さん唯一の(?)西洋風ファンタジー。
思っていたよりもラノベっぽかったけどとても面白かったです。
ラノベ脱却をかかげつつも、少女小説でニマニマ(笑)

とにかくやはり荻原さんは世界設定が素敵ですね。
荒野に天文台、さらに舞踏会!
そして主人公の出生の秘密…。
王道のところもありつつ、でもこの先が予想できず。
続きもよみます!

私はルーンがすごく好きですね。
ぶきっちょくんな感じが。
フィリエルの健気なところも大好きです。
大きなものに自分が子供だと知りつつも立ち向かっていく姿は、とても憧れます。
小説の中だからできることなのでしょうけど…。
2人には幸せになってほしいですね…色々な意味で。

そして私はロウランド家の兄妹がどうにも信用できません…
今の所悪い人ではないけれど、貴族だし、女王候補だからでしょうか。
2人とも面白いキャラなんですけどね〜
どういう役割を担うのでしょうか?
願わくはずっとフィリエルの味方でいて!

そして、どうしても気になったこと。
なぜアデイルの趣味が…あっち系なのでしょう?
周りにそういう人がいっぱいいて慣れましたが。
荻原さんってそういう設定書く方だったんですね(゚o゚;;

2019年3月24日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年3月17日]
カテゴリ 荻原規子

石川宏千花さんらしい終わり方。
完全に解決!みんなハッピー!とはならない。
でも、その余韻がいいのかな、と。
希望を持てる終わり方で、すっきりと読み終わることができました。

最終巻にして、いろいろな謎が明らかになり、なるほどと唸らされました。
「トリオ」…そういうことかあ。
はじめからこの設定を考えて話を展開させていたのかと思うと脱帽です。
そして。
やっぱり野依はかっこいいな。
和久田や二葉の決断も。
これから彼らがどこで暮らしていくとしても、彼らなりに「幸せだな」と思えるようにいられるといいな、と思いました。
しかし、野依が200年飛んでなくてよかったなあ。
再会した仲間が土の中、とか悲しすぎますもの。

2019年2月17日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年2月17日]
カテゴリ 石川宏千花

最終話、「ねむり姫の星」が衝撃すぎて他の感想が吹き飛びました。
それまでの話は良くも悪くも定番の「少女」の物語で、のんびり読んでました。
が。
最終話に、いきなりSFを入れてくるとは…!
平然と「宇宙船」とか書いてくるので、えっ、と。
結局、このお話が一番気に入りました。
SFとしては珍しい感じのほんわかした雰囲気で、ちょっとのんびりで不器用な主人公たちがとても可愛らしく思えます。
でもいざとなるとかっこいい男の子…。
やっぱりときめくわ〜。
と思いつつ。
ラノベ脱却を掲げておきながら、ティーンズ向けの恋愛モノを読みたがってる自分に苦笑。

2019年1月26日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年1月13日]

チビフレッドが可愛い、という印象が頭の中を占めている一冊。
健気でね。
リヒャルトもだけど、やっぱりフレッドが好きです。
そんな2人の出会いを知れて個人的には満足でした。
小冊子ちょっと欲しかった。
あの絵がカラーで見たかった〜!

2019年1月26日

読書状況 読み終わった [2019年1月13日]
カテゴリ 清家未森

ちょっと切ない、ハッピーエンド、かなあと思います。
もっと残酷な終わり方も想像していたので、良かった〜と言うのが一番の感想です。
この作者さんの終わりは決して大団円では無いけれど、希望が残っているところが好きです。

2018年12月2日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2018年11月18日]
カテゴリ 石川宏千花

前作に続いて、とても良かったです。
こんなに長い物語を、しっかりと作り上げてしまうのがすごいと思います。(デビュー後2作目で…)
遠子も、小倶那も、菅流も、みんな健気で…。
救われてよかったなと。
元ネタのヤマトタケルの話を真面目に読んでみたくなりました。
三作目、さいごの勾玉の行方がとても気になります。
読まねば。

2018年12月2日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2018年11月18日]
カテゴリ 荻原規子

読み終わったあ〜。
自殺したの、あいつかあ〜。
始めの方にちょこッと考えた可能性を、話が進むにつれてすっかり忘れていたことが恨めしいです。
にしても、榊…。
そういうことか!
菅原、二人のヒロ、みーちゃん…。
金色のピアス…。
読み終わってみると、伏線張りまくりなんですよね。
それでもうならされました。
『かがみの孤城』読んだんですけど、それと同じように、2度驚く結末があります。
でも、なにはともあれ、終わりが爽やかでいいですね。
みんな幸せそうで良かった!

2018年11月4日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2018年11月4日]

各キャラクターの回想が増えて、スピード感は少し落ちましたが、回想は回想で良いです。
清水の回想が一番、ああ〜ってなるかな。
充はいい人です。

とにかく続きが気になる!
果たして誰が自殺したのか⁉︎
ホラー感がドキドキを誘っていい感じです。

2018年11月4日

読書状況 読み終わった [2018年10月21日]

本編より短編がお気に入りです。
セシリア様が健気で泣けてきます。
リヒャルトとフレッドがいい人すぎて…。
甘々な本編もいいですけど、切ない片想い(?)もいいですねw

2018年10月21日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2018年10月7日]
カテゴリ 清家未森

とにかく続きが気になります。
雪の日の校舎、自殺したクラスメイト、8人の高校生…。
自殺したのは一体誰!
スピード感と恐怖にも似たドキドキがたまりません。
次巻に期待します。

2018年11月4日

読書状況 読み終わった [2018年10月7日]

まさかの展開が続く野依の旅。
「いない世界」と合わせてますます目が離せません。

2018年9月9日

読書状況 読み終わった [2018年9月9日]
カテゴリ 石川宏千花

栗栖の丘学園に引っ越してきた田代有礼は、数学の天才Qとともに摩訶不思議な空間に閉じ込められる。
なんとか脱出した二人の前に現れた関西弁をしゃべる猿は、二人はカンナギで、この世界が黄泉ツ神に侵食されるのを防がなければならないのだという。

妖怪のお話をよく書いているイメージが強い、富安陽子先生のファンタジー。
モチーフは古事記。
魅力的な登場人物や世界観にはまり、一気に読了。
異空間のスリル、どんどん明らかになる謎がページをめくる手を速めます。
とはいっても、シリーズ全3巻。
まだまだ謎が残っており。
続きを早く読みたいです。

2018年8月27日

読書状況 読み終わった [2018年8月26日]
カテゴリ 富安陽子

彩の家の前で様子がおかしかった若武。
次の日、彼女が出来たと言ってKZを抜けてしまう。
残されたメンバーは若武を取り戻すため、奮闘するが…。

上杉君がかっこいい。今回は、小塚君も意思が強い。
そして代理のリーダー・翼。
天然…。
かわいいっ!

2018年8月26日

読書状況 読み終わった [2018年8月26日]
カテゴリ 藤本ひとみ

石黒くん!
かっこいい…。
なんて羨ましい奈々ちゃんなんでしょう。
やっとこの時が来たか。
最近はチームの絆がメインであまり〇〇かっこいい〜という場面がなかったのですが、この巻はのっけから興奮してました。

2018年8月26日

読書状況 読み終わった [2018年8月26日]
カテゴリ このはなさくら

女の子バージョン・レンが美少女すぎる。
そりゃ、ときめくわ。(笑)

2018年8月26日

読書状況 読み終わった [2018年8月26日]
ツイートする