君へ。―つたえたい気持ち三十七話 (ダ・ヴィンチブックス)

3.36
  • (32)
  • (63)
  • (172)
  • (18)
  • (3)
本棚登録 : 582
レビュー : 99
藍さん  未設定  読み終わった 

「コミュニケーション」をテーマに、いろんな作家さんの作品が楽しめる。一作品6ページという超短編だが、その短さに物語がぎゅっと詰まっていて感心する。

中でも印象に残っているのが「白紙」。
年老いた母を心配して兄弟が送ったプレゼント――FAXが伝えた最期の言葉に、不覚にも泣いてしまった。ありきたりな、たった一言。でも、そこに込められた想いが心に響く。

何度でも読み返したくなる、宝物のような作品。

レビュー投稿日
2013年3月13日
読了日
2013年3月13日
本棚登録日
2013年3月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『君へ。―つたえたい気持ち三十七話 (ダ・...』のレビューをもっとみる

『君へ。―つたえたい気持ち三十七話 (ダ・ヴィンチブックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする