灰色のピーターパン 池袋ウエストゲートパークVI (池袋ウエストゲートパーク (6))

3.48
  • (100)
  • (160)
  • (441)
  • (14)
  • (2)
本棚登録 : 1262
レビュー : 170
著者 :
littleAyacoさん 石田衣良   読み終わった 

引き続き再読のIWGPシリーズ。
「灰色のピーターパン」…盗撮映像を売っている名門小学校に通うミノルとそれをネタに強請ってきたOBマッドドック・丸岡。この丸岡ってやつがジャンキーで頭のおかしいやつ。サルの協力でぼったくりバーに嵌めるところはなんか爽快。クリスマス前のマコトと小学生ミノルの友情のお話。
「野獣とリユニオン」…未成年強盗犯とその被害者ツカサのお話。ツカサの妹チヒロが復讐を依頼してくる。強盗犯・音川の背後には四人組の悪い奴ら。加害者と被害者の複雑な関係。ツカサはすごく大人だなあと思った。春の、とても感動的な二人のお話。
「駅前無認可ガーデン」…無認可保育園の園長・元Gボーイズの王様シンジ。そこで働く見習い保育士・テツオの潔白を証明するお話。テツオの純粋な気持ちがなんかいいなあと思った。とても心の優しいひと。梅雨の時期の何だかあたたかいお話。
「池袋フェニックス計画」…都副知事の風俗街浄化作戦・池袋フェニックス計画。池袋から人が消えた。音大生イクミとホストクラブにはまったイクミの姉・カズミ。マコトがすごく活躍する。礼にいや吉岡の警察サイドも絡んでくるしタカシやサル、ゼロワンも出てきてなんかオールスター勢揃いって感じのお話。何よりかっこよかったのが、コウイチがマコトと間違えられて刺され、マコトがタカシに飛び切りのボディガードを頼むって言ったら、そうなると、おれをふくめてあと三人だなって答えたときのタカシ。思わず、うぉーかっこいい!と声が出た。すごく爽快感のあるお話だった。秋のマコトとフェニックスの戦いのお話。読み応えあった。

レビュー投稿日
2016年5月29日
読了日
2016年5月29日
本棚登録日
2016年5月29日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『灰色のピーターパン 池袋ウエストゲートパ...』のレビューをもっとみる

『灰色のピーターパン 池袋ウエストゲートパークVI (池袋ウエストゲートパーク (6))』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『灰色のピーターパン 池袋ウエストゲートパークVI (池袋ウエストゲートパーク (6))』にlittleAyacoさんがつけたタグ

ツイートする