歪んだ創世記 (講談社ノベルス ツF- 1)

著者 :
  • 講談社 (1998年2月1日発売)
3.00
  • (4)
  • (9)
  • (26)
  • (11)
  • (3)
本棚登録 : 157
感想 : 14
3

1998年。第6回。
記憶をなくした男女。九州の孤島(捨子島)に住む老夫婦と家政婦。そこで5人の男女が殺された、が結末。男の弟は、両親を殺した殺人鬼。幼虫が母を食べる蜘蛛の話。
神って作者なのかーと、こういう手法もありだな。作者は結末に向けて、試行錯誤。
5人目は誰なのか、が最後の謎なのだがww
奇をてらった感はするなぁ・

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: メフィスト賞
感想投稿日 : 2021年11月11日
読了日 : 2021年11月20日
本棚登録日 : 2021年11月11日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする