一生モノの英語勉強法――「理系的」学習システムのすすめ(祥伝社新書312)

3.56
  • (9)
  • (55)
  • (36)
  • (6)
  • (3)
本棚登録 : 565
レビュー : 41
llamasさん 実用書   読み終わった 

文法学習の優先順位
・文型(IV型・V型)
・完了形
・接続詞
・句と説

上級編
・強調/倒置
・否定
・仮定法
・無生物主語

精読のススメ
夏目漱石「諸君は一字一字を忽せにせす、読易き本を熟読」せよと説いている。

一般的な英語コミュニケーションの9割をカバーするには3000語。(日本語の場合、約1万語)(ただしこれは逆に英語の難しさを表していないか?getやmakeのような簡単な言葉に前置詞をつけることで全然違う意味をあらわしたりする独特の言語のように感じる)

単語カード
動詞は単語だけを書かない。どのような前置詞を伴うかなど。apologizeだったら、apologize to (人)と覚えないと意味がない。

シャドーイング
共感できるスピーチを選ぶ。教材例としてTED

横山研治『英語は突然うまくなる』
「あなたの英語力はゼロではありません。・・・いくら英語ができないといっても、ギリシャ語やスワヒリ語ができないというレベルとは比較にならない」

十八番の文例集を作る

スマホを活用する。おススメアプリ「わたしの暗記カード」

レビュー投稿日
2017年3月16日
読了日
2017年3月16日
本棚登録日
2013年7月1日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『一生モノの英語勉強法――「理系的」学習シ...』のレビューをもっとみる

『一生モノの英語勉強法――「理系的」学習システムのすすめ(祥伝社新書312)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする