ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代

3.81
  • (370)
  • (483)
  • (529)
  • (43)
  • (11)
本棚登録 : 3957
レビュー : 500
制作 : 大前 研一 
lllsmilerlllさん 自己啓発   読み終わった 

数年前にも読んだ本だけど、今読んでも色褪せてない!いろんな本や体験をして、6つの感性を伸ばしていきたい。


~時代の流れ~
18世紀:農業の時代(農夫)
19世紀:工業の時代(工場労働者)
20世紀:情報の時代(ナレッジ・ワーカー)
21世紀:コンセプトの時代(創造する人、他人と共感できる人)


「左脳主導思考」の重要度が低くなり、「右脳主導思考」の重要度が増す原因として【3つの要因】
①過剰な豊かさ
⇒物質的ニーズは満たされ、感情面を重視する傾向が強まり、物事の意味への追求に拍車がかかった。
②競争相手
⇒アジアの国々で安いコスト
③代行
⇒上記の国々に仕事を奪われている


今の仕事をこのまま続けていいかの3つのチェック
①他の国であれば、もっと安くやれるか?
②コンピューターなら、これをもっとうまく、早くやれるか?
③自分が提供しているものは、この豊かな時代の中で需要があるか?

これから求められる「6つの感性(センス)」
①デザイン
⇒機能だけではなく、感情に訴えかけてくるもの
②物語
⇒相手を納得させる話ができる能力
③全体の調和
⇒ばらばらなものをひとつにまとめる能力、総括力
④共感
⇒何が人を動かすのかを理解し、人間関係を築き、他人を思いやる能力
⑤遊び心
⑥生きがい

レビュー投稿日
2012年11月11日
読了日
2012年11月11日
本棚登録日
2012年11月11日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す...』のレビューをもっとみる

『ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ダニエル・ピンクの作品一覧

ダニエル・ピンクの作品ランキング・新刊情報

ツイートする