The Star Zoo (Oxford Bookworms Library 3)

3.67
  • (3)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 4
著者 :
lmndiscrmさん 英語   読み終わった 

【Impression】
人間が動物を見たときになぜ狂うのか、その説明として子どもが第二子の赤ちゃんを見たときの様子を理由としていた。が、よく分からん。
人間に取って代わるものになりうる、少なくとも同等に重要であるということはわかるが狂うまでは不明。

あと、「一生地下で暮らしてもらう」ということに対してあっさりし過ぎる。
変化に対して、後の世代に託すしかないということも、現実的と言えば現実的。
【Synopsis】
●人間は地球を捨て宇宙で暮らしていた。地球は環境の悪化で滅び、動物達は全て絶滅し、宇宙に残っているのは人間だけ、という世界の話。奇妙なルールもたくさんあるコミュニティとなっている。
●たまたま、主人公が「Star Zoo」という場所にたどり着く。そこには絶滅したはずの動物が存在し、思考する事が出来るコンピューターも存在した。これは地球が滅びる前に打ち上げられたものらしい。
●コンピューターは、ここはあまり安全とはいえないので移住を希望するが、動物を見た人間は悉く狂ってしまうので、まずはロボットの動物を見せることにした。しかしそれでもダメだったので、子ども達に与えてみたところ遊び始め、未来にはこの問題が解決するかのような感じで終わる

レビュー投稿日
2013年7月9日
読了日
2013年7月9日
本棚登録日
2013年7月8日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『The Star Zoo (Oxford...』のレビューをもっとみる

『The Star Zoo (Oxford Bookworms Library 3)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『The Star Zoo (Oxford Bookworms Library 3)』にlmndiscrmさんがつけたタグ

ツイートする