新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)

3.90
  • (1276)
  • (723)
  • (1350)
  • (95)
  • (24)
本棚登録 : 9293
レビュー : 894
著者 :
slothさん 日本の小説・文学   読み終わった 

 おそらく授業や絵本では対象年齢に合わせて噛み砕いた表現にしてあるのでしょうが、元はこんなにも詩的でシンボリックな文学だったとは。宇宙に関する表現も多彩。
 よだかの星、オツベルと象、猫の事務所、セロ弾きのゴーシュ、飢餓陣営がお気に入り。
 人間に対する風刺や皮肉や警鐘が織り込まれていて、噛めば噛むほどに沁みそうだと感じました。

レビュー投稿日
2016年8月12日
読了日
2016年8月2日
本棚登録日
2013年4月26日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする