ヨハネスブルグの天使たち (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

3.47
  • (28)
  • (94)
  • (95)
  • (21)
  • (7)
本棚登録 : 687
レビュー : 108
著者 :
slothさん 日本の小説・文学   読み終わった 

 戦争紛争時代背景SFといえば、一昔前は第二次大戦や共産vs資本や社会vs民主や東西冷戦などが多かったけど、本作はアフリカ~中東~イスラムなど、わりと最近に起きた事を背景としていたのが印象的。
 ただ、SFというには非常に惜しい。
 DX以外の世界の出来事や技術に関してはとくに目新しさも無ければ、あったところで実現困難さや驚きを感じることも出来ない。作者の想像の問題か、現代の技術開発速度の問題かは今は論じないが。
 その唯一のSF要素といえる、ボカロが落下したり軍用兵器になったり義体化運用できたり…に関しても。すでに二次元作品などでは様々に表現済であり、義体なんぞはSFの王道すぎてもうね(笑)
 下手にSFなんて冠はつけずに、戦場や軍事を元にしたフィクション小説のような冠にすれば良かったのではないかと思った。

レビュー投稿日
2013年8月29日
読了日
2013年8月29日
本棚登録日
2013年7月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ヨハネスブルグの天使たち (ハヤカワSF...』のレビューをもっとみる

『ヨハネスブルグの天使たち (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする