瑠璃の書の司は碧の王子の番 (角川ルビー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA (2020年9月1日発売)
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
感想 : 5

美しい容貌のせいで、苦労してきたナイティス。そんな中でも好きな本に囲まれて、司書として頑張るナイティスは応援したくなる。誤解されても、冷たくされても、周りを恨まずに自分が出来ることをしようとするのは凄いと思うし。シグレスと出会ってからは、自分よりシグレスのことを第一に考えているのが伝わってきて、微笑ましくなる。あまり自分に自信を持てていないナイティスだけど、シグレスの横に立つために頑張るうちに変わっていくといいな。と思った。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: BL
感想投稿日 : 2021年3月16日
読了日 : -
本棚登録日 : 2021年3月16日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする