死に挑むワルキューレ 紡がれし運命のサーガ (角川ビーンズ文庫)

著者 :
  • KADOKAWA (2020年11月1日発売)
3.13
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 31
感想 : 4

ワルキューレを人として見ていないことに最初は腹が立ったけれど、そうしないと辛すぎるというのもあったのかも。と思えてくる。訓練していない女性を戦場に立たせなければいけないという状況だから。そう考えると、ソフィーが出会ったイェンスは冷たく見えたけれど、ワルキューレであるソフィーをちゃんと人間として見る強くて優しい人なんだな。と思う。
極限の状況で助け合うソフィーとイェンス。惹かれ合うのは自然だと思うけれど、それでもすれ違う2人は焦れったかった。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ライトノベル
感想投稿日 : 2021年6月7日
読了日 : -
本棚登録日 : 2021年6月7日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする