ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)

3.88
  • (865)
  • (987)
  • (707)
  • (185)
  • (41)
本棚登録 : 9521
レビュー : 1053
著者 :
制作 : くまおり 純 
ハルさん  未設定  読み終わった 

森見登美彦さんらしさとらしくなさが両方同時に感じられました。スタンドバイミーの冒険感とジブリの爽やかなファンタジー感がいい感じに合わさっているような作品で読んでいてワクワクしました。他の小説の舞台は京都なのですが、今回は地名が出て来なかったような。ファンタジー色が他の作品より強いからかな。
ですが、独特の文章や主人公の少年(アオヤマ君)の面倒くささで森見さんの小説だ〜と実感。アオヤマ君は頭が良すぎて面倒くさいけれど素直で一生懸命な所が可愛かった♪最後は涙が…

レビュー投稿日
2018年6月24日
読了日
2018年6月23日
本棚登録日
2018年6月23日
6
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする