ムーミン谷の冬 (講談社青い鳥文庫)

  • 講談社 (1982年1月10日発売)
3.87
  • (31)
  • (32)
  • (43)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 288
感想 : 28

一年を一日としたら冬は夜の時間になるのでしょう。北欧の冬は雪で閉ざされるだけではなく暗闇で覆われます。何日も日が昇ることのない空に春の夜明けを夢見るのです。ムーミンは冬眠中に目が覚めてしまい、さっぱり眠れなくなってしまいます。同じく目が覚めてしまったミイと冬の間だけ姿を見せる見たこともない生き物たち。ムーミンは水あび小屋に住み着いたおしゃまさんと友達になります。空気が読めなくてちょっとうざいヘムレンさんの事が大好きなサロメちゃんがかわいいです。冬眠から目覚めたムーミンママの温かさ。素敵なママです。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 小説
感想投稿日 : 2014年9月30日
読了日 : 2014年9月30日
本棚登録日 : 2014年9月30日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする