ちんぷんかん しゃばけシリーズ 6 (新潮文庫)

3.89
  • (288)
  • (502)
  • (338)
  • (29)
  • (6)
本棚登録 : 3572
レビュー : 329
著者 :
綾里 未優さん 小説   読み終わった 

今回の話は火事から立ち直るあまりの早さにびっくりしました。知ってたけど江戸ってすごい;慣れてるからなのだろうか。松之助さんの縁談とか若だんなが三途の川見ちゃったりいろいろありましたが、最後の話が一番切なくて温かくて好きでした。命はいつか散り行くもの…。きっと若だんなも小紅と同じ気持ちだったのかなと。

レビュー投稿日
2013年9月21日
読了日
2010年1月31日
本棚登録日
2010年1月31日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ちんぷんかん しゃばけシリーズ 6 (新...』のレビューをもっとみる

『ちんぷんかん しゃばけシリーズ 6 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ちんぷんかん しゃばけシリーズ 6 (新潮文庫)』に綾里 未優さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする