月の影 影の海(上) (講談社文庫)

3.95
  • (524)
  • (336)
  • (542)
  • (15)
  • (8)
本棚登録 : 2628
レビュー : 308
著者 :
かりんさん 小説   読み終わった 

小野不由美のトリップファンタジー。
ある意味での普通の高校生としてすごしていた陽子にふりかかるいみのわからない恐怖の夢と自身の存在意義の問題。

蓬莱とよばれる日本と虚海をはさんで存在する自国、慶国を含む世界。
自分がなすこと、世界とのつながり。

良い王、良い国、良い人
誰にとって、いつ、なんのために、を考える本でした。

普通の女の子から「自分の生死」「国の隆盛」に責任をもったとき、どのように変化するのか。
私はここまで自分を賭けて戦えるんだろうか・・・(´・ω・`)


シリーズものですが、この第一巻が一番好きです。

レビュー投稿日
2011年10月3日
読了日
2011年10月1日
本棚登録日
2011年10月3日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『月の影 影の海(上) (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『月の影 影の海(上) (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『月の影 影の海(上) (講談社文庫)』にかりんさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする