人間椅子 江戸川乱歩ベストセレクション(1) (角川ホラー文庫)

4.03
  • (166)
  • (181)
  • (131)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 1543
レビュー : 161
著者 :
夜さん 短編集   読み終わった 

叙情的ホラーの短編集。
端的に言えば“狂ってる”人がたくさん出てくるし、よくよく考えてみれば有り得ない話ばかりなのに、どうしてか納得してしまうのは、その心情がなんとなく理解できてしまうせいなのか。
実際…自分のことは“まとも”だと思い込んでいるけれど、他人から見たらそうじゃないのかもしれないし、私自身この人ぶっ飛んでるなー何か境目にいるような人だな、と思うような人と知り合ったこともあるから、人間はどんなきっかけで一線を超えるかなんてわからないと思う。

想いが哀しい。そういう物語が多い。
奇妙な悲恋だったり、現実的に交わらない想いだったり。
最初は唯の恋、であったものが、偏って偏って哀しい結末を迎える様は、私も目にしたことがある。

表題作のほか、「断崖」「鏡地獄」「押絵と旅する男」が好き。でも全部おもしろかったです。

レビュー投稿日
2015年1月12日
読了日
2015年1月12日
本棚登録日
2015年1月12日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『人間椅子 江戸川乱歩ベストセレクション...』のレビューをもっとみる

『人間椅子 江戸川乱歩ベストセレクション(1) (角川ホラー文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『人間椅子 江戸川乱歩ベストセレクション(1) (角川ホラー文庫)』に夜さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする